もののはじめblog

コメント歓迎 ! 
必ずコメントに参ります by iina

三丁目の夕日'64

2012年02月14日 | 映画
大ヒット“ALWAYS”シリーズの第3弾『ALWAYS三丁目の夕日’64』。
あいにく「2D」の方が早目に放映なので3Dをあきらめた。全作観たが、こんかいが一番涙腺がゆるんだ。

あのころのオリンピックのときは、試験のため後半からテレビ観戦した。前半は殊勝にも勉強していたようだ。まだカラーは一般的ではなく、我が家は白黒テレビで観ていた。

東京オリンピックは、市川崑監督がオリンピックは筋書きのない壮大なドラマに他ならないとして、ドキュメンタリー映画に撮り上げたことから、「芸術作品か記録映画か」と大論争になった。この映画を、iinaは東京に転校して学校から連れられて鑑賞に行った。

東京より九州の高校の方が厳しく、強制された坊主頭に、朝夕の補習授業は当たり前で、ズックに下げ鞄だった。(転校した東京は総て自由で、革靴に革鞄は新鮮だった。)
そんな1964年でも、息抜きに山陰まで汽車に揺られ釣りに行った冒険談が懐かしい。
道中は、豆テストに備えて仲間と熟語を覚えていたが、下関で山陰線に乗り換えねばならぬのを、そのまま山陽本線を走る。おかしいと感じた通り、一本先の駅員さんに告げると路線を間違えていた。切符有効の特別扱いをしてくれ、戻りの汽車がくるまで駅前の空き地でキャッチボールして時間つぶししたのも昨日のことのようだ。
そんな些細なことも、映画がいうようにあるいは前を向いて進んでいたことの一つといえるかも知れない。
なにしろ、若いと 過去よりも将来の方が多いもの・・・。
      
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手が3本 | トップ | 本法寺 »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (楽母)
2012-02-14 07:57:59
すっごく泣きました!
六ちゃんの恋の様子なんて、今時の
携帯が当たり前の世代には考えられないようなときめき、どきどきがあったんだよね~なんて思いながら。
おはようございます (ippu)
2012-02-14 09:39:53
≪・・・なにしろ、若いと 過去よりも将来の方が多いもの・・・≫
まさにその通りですね。
私の場合は将来のほうが少なくなりました(笑)
重いな~・・・ (鷲谷芝嵐)
2012-02-14 10:10:34
3丁目の夕日・・・私は重い映画だな~という印象が強いな~。・・・この種のストーリーは苦手。
トラックバックありがとうございます (ひの)
2012-02-14 10:30:12
いいですねえ。
鈴木オート。
こんにちは。 (ハイジ)
2012-02-14 11:45:18
私は映画はまだ観ていませんが、単行本はよくみました。西岸良平氏の描く2~3頭身くらいの
人物が愉快で好きです。三丁目は私の中でいつまでも青空なんです。
Unknown (tamirin)
2012-02-14 12:48:38
東京オリンピックの時代ですからね~
興味がある映画です~
良き時代 (らいちゃん)
2012-02-14 12:55:27
この映画は観ていませんが、東京オリンピックの時には八重洲口で働いていたので、窓越しに聖火リレーを眺めました。
当時の日本は戦後19年経って、、高度経済成長期に入っており、町も人々も活気にあふれていました。
今思うと、良き時代でしたね。
Unknown (ぼたん)
2012-02-14 14:10:55
三丁目の夕日まだ見に行ってないわ。早く行かなくっちゃ。
commentに コメント (iina)
2012-02-15 10:22:44
(楽母) さん へ
楽母さんは、twitterにも進出してましたか。
gooホームには、twitterに似た機能がありましたね。iina宅ブログのブックマークをチェックしたら、
未だ登録していたので、外さなくては・・・。

交通の発達してない昔は、会いたい人に文で会う日時を伝え、それでも先方が出かけていたら、戻るまで
待って会ったことを思うと、携帯で即段取りできてしまう即効性の高い時代に生きていることを痛感します。
用事は、電話で済んでしまいます。




(ippu) さん へ
きのう、会員制のショッピング・モールに登録し、写真付カードをゲットしました。娘が会員なので、
ファミリー会員に無料で登録できました。
登録には、運転免許等の証明書を掲示して作り、写真をその場で撮って、カードにも顔が載ります。

そこで思うのですが、種々の証明書の代わりになるものでしょうか?
(逆手にとって、質問してしまいました




(鷲谷芝嵐) さん へ
バレンタインデーのプレゼントに、ふんどし。
ふ~ん どしどし、プレゼントのツールが広がっているものですね。

「三丁目の夕日」が重い映画・・・
 コメディですよ 




(ひの) さん へ
「三丁目の夕日」が3作も創られました。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/s/%BB%B0%C3%FA%CC%DC%A4%CE%CD%BC%C6%FC
その1964の頃は、テレビに「一丁目一番地」というホームドラマがありました。つまり一番であること
が目標であった時代といえそうです。
いまは、2番では駄目ですかと国家の一員に諭される時代で、どこにでもある ありふれた三丁目の時代と
いえるかも知れません。



(ハイジ) さん へ
西岸良平氏の漫画は、ほのぼのした画風ですね。
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E8%A5%BF%E5%B2%B8%E8%89%AF%E5%B9%B3



(tamirin) さん へ
難病認定も、日本では難病並な認識度ですね。



(らいちゃん) へ
「月とスッポン」からサマセット・モームの「月と六ペンス」を連想しました。いずれも象徴的な意味
をもたせていますね。
「月」は人間を狂気に導く芸術 的情熱を指し、「六ペンス」は下らない世俗的因習、絆を指したものと
申します。

東京オリンピックの時は、八重洲口で働いていたのですか、iinaは昭和50年頃に勤めてました。
11年の差は、小さいようで、若いころのiinaからみると大きなものに感じられます。




(ぼたん)さん へ
1月末に、「三丁目の夕日」を観てきました。
TBに コメント (iina)
2012-02-15 10:51:05
(prisoner's BLOG)さん へ
昨9月以来ご無沙汰していました。
ふたたび映画でご縁がありました。

「坂の上の雲」を目指した明治の日本が、敗戦で「上を向いて歩こう」を目指したと形容されていました。
東京タワーの真上を通るM:I:4のようなショットも見上げる構図も意図的に使われていたのですね。




(タケヤと愉快な仲間達~人生は映画のように楽しまなきゃソンだがや~ )さん へ
’64ころは、ゴジラさえもシェーをした時代でした。
そういえば、漫画では「オバケのQ太郎」が流行ってました。

それにしても、写真を貼ってストーリーをなぞるのは骨が折れますね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 (prisoner's BLOG)
今回の舞台は本格的に高度成長期に入った1964年で、日本中が上を向いていた時代とセリフで形容されたりする。 エンド・タイトルでは登場人物たちの上を向いている姿を俯瞰で撮った姿が続くのだけれど、それは上り坂の希望を持てた姿であるとともに、振り返ってみるとずい....
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (タケヤと愉快な仲間達~人生は映画のように楽しまなきゃソンだがや~ )
久々の映画館。 最近多忙でずっと行けなかったしね。 朝一ロードショーに行ってきました。 勿論、2Dです(笑) 前作から4年振りですかね?確か。 帰ってきた『夕日町』の人々。 これも邦画の中では好きな作品のひとつです。 高度成長期時代の風景を見るのも好き。 ...
No.012 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」(2011年 142分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆    堤真一    小雪 本日はMOVIIX八尾での2本だて! ここMOVIIX系は平日はメンバー割引で1300円で見れるから何かと助かってます  今回は3Dでの鑑賞ですが、普通なら2000円くらいするので結構大きいですね ...
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』に泣くのは恥ずかしくない (映画のブログ)
 まず『ALWAYS 三丁目の夕日'64』という題名が注目に値する。  同じように題名に年数が使われた映画には、1974年から1975年にかけて公開された『エアポート'75』や1999年末公開の『ゴジラ2000 ミレニアム...