風靭記

テキトーに書いてまいります。じゃんじゃんよろしゅう。

動物霊の襲撃

2017-05-12 08:24:27 | 雑感

睡眠中、なんの前触れもなく突然「グワッー」ときて驚いて目が覚めた。それは狸のような犬のような、なんだかわからん獣の獰猛なツラだった。なんなんだコイツは?誰かに取り付いている動物霊ではないか?

動物霊とは 該当動物が死んで動物霊になるわけではない よくある誤解がこれです。みなさん動物霊って動物霊の狐だったら、動物の狐が死んでなると思っています。確かに人が未練を残して死んだら地縛霊になるように、動物霊についても同様のことと思われることでしょう。 確かに、動物が死んでそれが浮かばれずに浮遊霊や地縛霊のように残ることもありますが、それはむしろ動物霊とは呼ばれません。 そもそも動物霊の狐、つまり化け狐などは有名だし、数も多い。でも野生の狐ってそんなに多いのでしょうか? 動物園にでも狐はあまりいませんよね。結構動物の狐ってなじみがないものです。 なのに動物霊としての狐は多い。それが現実です。つまり生き物としての動物と動物霊というのは姿は一緒でも全く違うということです。

■動物霊■
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体のバランス | トップ | 詰むや詰まざるや、安倍晋三問題 »
最近の画像もっと見る

雑感」カテゴリの最新記事