水上陽平の独善雑記

水上陽平流の表現でいろいろな事を書いています。本館は http://iiki.desu.jp/ 「氣の空間」

「風間陽水の依頼簿(カルテ)・1280」

2017-05-17 17:04:29 | Weblog



カルテ番号 わ・9(17)

院長の言葉は、半分嬉しく、半分ガッカリだった。
洋子の奇妙な話を正面から受け止めてくれている。
それは嬉しい。
だが、洋子を知っているとは言ってくれなかった。
落ち着いて考えれば当たり前だ。
洋子だって、ここに来て急に沸き起こった感覚だ。

院長はゆっくりと言葉を続けた。
「私の知り合いで、未来を見る人がいます。
いいえ、見えていないのに言葉が出てしまうのです。
また、100年以上も時代と共に生きている感覚を持った人もいます」
吉永百合と愛田恵子の事だが、長寿族とは言わない。
「ある日、何かに目覚めてしまう人を直接知っています。
この世界は、説明不能の事が沢山、沢山あるのです」

風間陽水は渡部洋子を観察しながら話している。
最初に玄関から入って来た時から、少し感じていた。
もしかしたら、と思う。
それにしても・・・それぞれの能力が違う。
まだわからないので、言葉を選びながら話を続けた。
どうして、こんなにも集まるのか、という戸惑いもあった。

(登場する人物・組織・その他はフィックションです)
HP「気の空間・氣功療法院」検索
ブログだけなら楽天「水上陽平の独善世界」検索 が読みやすい

(過去のプログは本館 「氣の空間・氣功療法院」です。
治療・若返り・講演、お話会依頼、悩み相談受付中。日本中出張します。
ブログで書いた「迷説般若心経」  「迷説恋愛論」  「迷説幸福論」
誰か出版してくれぇ~)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風間陽水の依頼簿(カルテ... | トップ | 「風間陽水の依頼簿(カルテ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む