水上陽平の独善雑記

水上陽平流の表現でいろいろな事を書いています。本館は http://iiki.desu.jp/ 「氣の空間」

「風間陽水の依頼簿(カルテ)・1173」

2017-01-30 18:09:45 | Weblog



カルテ番号 り・1(41)

静は思った。
確かに物事の正誤にとらわれていた。
院長がいわれるように、その判断は時々間違う。
年齢を重ねて判る事も多々ある。
社会も新たな事実を発見し、以前の常識や知識が間違いだと発表する。
それさえも、未来においては覆すかもしれない。

正誤の判断は危ういもの。
それよりも、もっと大切な事やモノがある。
その為には、故意の嘘さえ使い様。
そうなのだ。
使い方が大切で、正誤が大切ではなかった。
自分の能力は、使ってはいけないものでも無かった。
知っても、知らせなければならないものでも無かった。

「先生、心の霧が晴れたようです。
私、ずっと迷いながら自分を責めていました。
息子も一人立ちして北海道にいます。
私も一人立ちして、こちらで暮らそうかと思います。
そして、災害の準備の仕事をしたいと思っています。
早速、柳さんに相談してみます。
私の僅かな能力も、これからは活かせる時には使おうと思います」

(登場する人物・組織・その他はフィックションです)
HP「気の空間・氣功療法院」検索
ブログだけなら楽天「水上陽平の独善世界」検索 が読みやすい

(過去のプログは本館 「氣の空間・氣功療法院」です。
治療・若返り・講演、お話会依頼、悩み相談受付中。日本中出張します。
ブログで書いた「迷説般若心経」  「迷説恋愛論」  「迷説幸福論」
誰か出版してくれぇ~)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風間陽水の依頼簿(カルテ... | トップ | 「風間陽水の依頼簿(カルテ... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事