水上陽平の独善雑記

水上陽平流の表現でいろいろな事を書いています。本館は http://iiki.desu.jp/ 「氣の空間」

「風間陽水の依頼簿(カルテ)・1310」

2017-06-16 21:54:30 | Weblog



カルテ番号 わ・9(47)

洋子は少し首を傾げて口をはさんだ。
「数少ない仲間なのに、出会えても親しくしないのですか?
それなら、いつも独りぼっちじゃないですか?」
院長は答えた。
「そうなのです。
通常は独りぼっちで、長い年月を過ごします。
長寿は淋しさを常に背負って生きています。

それには長寿である理由があるのです。
種に一定割合存在するのは何故か?
それは長生きの経験を活かす必要が時々出るからのようです。
種の存亡に関わるような出来事が起きた時ですね。
その種が生き延びられるように手助けする役割のようです。
魚には魚の、熊には熊の長寿族が必要なのですね。

そして長寿族同士が集まってしまうと、危険性は高くなります。
例えば地震とか火山噴火とかの天変地異の場合などですね。
それぞれがバラバラだから、生き延びられる可能性が高い。
長寿族は独りぼっちで淋しいけれど、集まるわけにはいかない。
それは磁石の同極同士のようです。
磁石だから、同じ磁石は判る。
でも同極だから、近寄れない、そんな感じです」

(登場する人物・組織・その他はフィックションです)
HP「気の空間・氣功療法院」検索
ブログだけなら楽天「水上陽平の独善世界」検索 が読みやすい

(過去のプログは本館 「氣の空間・氣功療法院」です。
治療・若返り・講演、お話会依頼、悩み相談受付中。日本中出張します。
ブログで書いた「迷説般若心経」  「迷説恋愛論」  「迷説幸福論」
誰か出版してくれぇ~)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風間陽水の依頼簿(カルテ... | トップ | 「風間陽水の依頼簿(カルテ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む