水上陽平の独善雑記

水上陽平流の表現でいろいろな事を書いています。本館は http://iiki.desu.jp/ 「氣の空間」

「風間陽水の依頼簿(カルテ)・1254」

2017-04-21 19:25:30 | Weblog



カルテ番号 ろ・1(19)

蠟山辰雄は自分より年下だと思える院長がわからなくなった。
年下どころか、何十年も年上かもしれない。
力まず、道を語るなど老練でなければ無理だろう。
死を知らなければ、生の向き合い方は語れないだろう。
世の中には通常の人間でないものがいる・・・
どこかで読んだ、そんなフレーズを思い出した。

「わかりました。
今までとは違う道というのは、そういう意味ですね。
目指すものが違う道だと思い込んでいました。
性質というか、道そのものが違うのですね。
目指すものは、それほど気にしなくてもいいのですね。
今はわからなくても、いいのですね」

院長はにっこりと笑った。
「そういうことです。
変わる、というのは、そういう事なのです。
先など見えても、見えなくてもいいのです。
行く先が変わってもかまわないのですよ。
道、そのものが世界です」

(登場する人物・組織・その他はフィックションです)
HP「気の空間・氣功療法院」検索
ブログだけなら楽天「水上陽平の独善世界」検索 が読みやすい

(過去のプログは本館 「氣の空間・氣功療法院」です。
治療・若返り・講演、お話会依頼、悩み相談受付中。日本中出張します。
ブログで書いた「迷説般若心経」  「迷説恋愛論」  「迷説幸福論」
誰か出版してくれぇ~)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風間陽水の依頼簿(カルテ... | トップ | 「風間陽水の依頼簿(カルテ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む