水上陽平の独善雑記

水上陽平流の表現でいろいろな事を書いています。本館は http://iiki.desu.jp/ 「氣の空間」

「風間陽水の依頼簿(カルテ)・1304」

2017-06-10 17:56:25 | Weblog



カルテ番号 わ・9(41)

この言葉に風間陽水はハッとさせられた。
陽水は自分の役目、特性に疑問を感じていたのだ。
氣という手段をするとはいえ、特別な治療師ではない。
難しい病に向き合うが、驚異的な回復ばかりではない。
奇跡とは思わないが、そのような事もいつも起きるわけではない。
長寿族としては、不良品の特性かと思っていた。

愛田恵子の指摘は腑に落ちる。
気功治療は人を集め、結びつける手段。
すると、風間陽水がヨガを学んだ理由も解る。
ヨガとは「結び」という意味なのだ。
治療家として、更に10倍の能力が欲しいと思っていた。
気功治療の故御師匠様に近づきたいと思っていた。
だが、20年過ぎても、思うように能力は伸びない。

ある目的を持った人同士を結びつける。
陽水が結びつけるわけではない。
主体になる役目も苦手だった。
陽水が縁の中心となり、勝手に結びついていく。
必要な人同士が自動的に結びつく。
数百年間に幾つものグループ、組織が出来上がるだろう。
それならば、長寿族としての役目になる。

(登場する人物・組織・その他はフィックションです)
HP「気の空間・氣功療法院」検索
ブログだけなら楽天「水上陽平の独善世界」検索 が読みやすい

(過去のプログは本館 「氣の空間・氣功療法院」です。
治療・若返り・講演、お話会依頼、悩み相談受付中。日本中出張します。
ブログで書いた「迷説般若心経」  「迷説恋愛論」  「迷説幸福論」
誰か出版してくれぇ~)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風間陽水の依頼簿(カルテ... | トップ | 「風間陽水の依頼簿(カルテ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む