水上陽平の独善雑記

水上陽平流の表現でいろいろな事を書いています。本館は http://iiki.desu.jp/ 「氣の空間」

「風間陽水の依頼簿(カルテ)・1307」

2017-06-13 19:20:42 | Weblog



カルテ番号 わ・9(44)

洋子は先週からその言葉を思い出してはドキドキしていた。
ドキドキというよりも、ワクワクしている。
雰囲気から嫌な話や困る話ではないと判る。
「何を言われても大丈夫です。
先生が話す事なら、きっと良い話だと思っています。
そうでなければ、責任を取ってもらいますから」
洋子は何かに包まれるように安心していた。

院長は静かに話し始めた。
「この世の生物には沢山の種類があります。
大きく分けても、植物と動物。
動物だけでも、小さな昆虫や魚、蛇、鳥もいます。
そして、恒温動物といわれるネズミ、猫、熊、人間。
それぞれの種は、おおよその寿命があります。
アポトーシスといって、細胞の再生寿命ですね。

例えば人間種。
細胞的には120年から160年といわれています。
まぁ、環境やその肉体の使い方、栄養の取り方で短くなります。
現代は、本来の約半分くらいで多くの方が寿命を迎えていますね。
最近の日本では、100歳も珍しくなくなりましたが。
ところが、アポトーシスが通常の何倍もある場合があります。
といっても、突然変異ではありません。
特別でもないのです」

(登場する人物・組織・その他はフィックションです)
HP「気の空間・氣功療法院」検索
ブログだけなら楽天「水上陽平の独善世界」検索 が読みやすい

(過去のプログは本館 「氣の空間・氣功療法院」です。
治療・若返り・講演、お話会依頼、悩み相談受付中。日本中出張します。
ブログで書いた「迷説般若心経」  「迷説恋愛論」  「迷説幸福論」
誰か出版してくれぇ~)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風間陽水の依頼簿(カルテ... | トップ | 「風間陽水の依頼簿(カルテ... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事