水上陽平の独善雑記

水上陽平流の表現でいろいろな事を書いています。本館は http://iiki.desu.jp/ 「氣の空間」

「風間陽水の依頼簿(カルテ)・1087」

2016-11-05 19:38:30 | Weblog



カルテ番号 あ・28 9度目(36)

愛田恵子は、その言葉で閃いたようだ。
そして吉永百合に向かった。
「吉永さん、アナタ、やはり長寿族かもしれない。
アタシは今まで幾人かの長寿族に会った。
そのほとんどは、言葉も交わさずに離れた。
長寿族は一目で判るの。
このセンセーとは縁が深いから、だと思っていたわ。
でも、違ったのかもしれない。

センセーは長寿族だけど、少し変わっているな、と思っていた。
今のセンセーの言葉で、長寿族にもいろいろな役目がある。
いいえ、いろいろな役目があるから、長寿族になった。
そう気づいたの。
そうだとすると、吉永さんも長寿族だわ。
役目が違っていた事と、発動する46歳に間があった。
それで長寿族の匂いが、まだしなかったのだと思う」

柳玲香が異議を唱えた。
「愛田さん、私の方が百合さんより若いのに発動したわ。
長寿族の発動って、地球変異によって多少ズレるのでしょう。
それなら百合さんも発動してもいいのに、まだしていない。
私、百合さんは仲間だと思っているし、同じ長寿なら嬉しい。
でも、どうして違うのでしょう?」
愛田恵子は答えた。
「それは、吉永さんが処女だからよ。
長寿族の発動条件に男女の交わりがあるのよ。
通常は46歳だから誰も気づかない」

(登場する人物・組織・その他はフィックションです)
HP「気の空間・氣功療法院」検索

(過去のプログは本館 「氣の空間・氣功療法院」です。
治療・若返り・講演、お話会依頼、悩み相談受付中。日本中出張します。
ブログで書いた「迷説般若心経」  「迷説恋愛論」  「迷説幸福論」
誰か出版してくれぇ~)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風間陽水の依頼簿(カルテ... | トップ | 「風間陽水の依頼簿(カルテ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む