水上陽平の独善雑記

水上陽平流の表現でいろいろな事を書いています。本館は http://iiki.desu.jp/ 「氣の空間」

「風間陽水の依頼簿(カルテ)・1237」

2017-04-04 19:03:12 | Weblog



カルテ番号 ろ・1(2)

出来れば、一人だけの研究者などが理想だった。
一日中、誰とも会わずに仕事が出来れば、満足だろう。
それが、小さいとはいえ公務員として役場務めだった。
それなりに話をしなくてはならない。
人と人との間の仕事だった。
毎日が我慢だった。

自分のように人との交わりが嫌いな人もいるだろう。
だが、社会は一人では暮らしていけない。
無人島暮らしは理想だが、実際には不可能に近い。
それなりのスキルが必要だ。
蝋山辰雄は一人が好きだが、何でも出来るタイプではなかった。
普通の人のように結婚して、家庭を持った。

結婚は見合いで、相手を知らないうちから断るつもりはなかった。
結婚が目的で、相手を好きとか嫌いとか関係なかったのだ。
思えば失礼な話である。
言葉にせずとも雰囲気が出る。
妻が辰雄から離れるのも当然かもしれない。
経済的な理由だけで離婚しないでいるのも理解している。

(登場する人物・組織・その他はフィックションです)
HP「気の空間・氣功療法院」検索
ブログだけなら楽天「水上陽平の独善世界」検索 が読みやすい

(過去のプログは本館 「氣の空間・氣功療法院」です。
治療・若返り・講演、お話会依頼、悩み相談受付中。日本中出張します。
ブログで書いた「迷説般若心経」  「迷説恋愛論」  「迷説幸福論」
誰か出版してくれぇ~)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風間陽水の依頼簿(カルテ... | トップ | 「風間陽水の依頼簿(カルテ... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事