iijiのブログ (JOPベテランテニス、百名山、浅草などの写真録)      

★定年後の余暇を、テニス・山行・囲碁・浅草周辺の行事・美博鑑賞・日常の出来事などをデジカメで捉え紹介します。

さきたま古墳群と忍城

2017-07-18 18:36:13 | 史跡

2017.7.16(日)

3連休の中日に、行田市の史跡「さきたま古墳群」と「将軍山古墳展示館」、「史跡博物館」、すこし離れた「忍城」を訪ねる


  

稲荷山古墳 全長120m 高さ11.7m前方後円墳  最も古く5世紀後半で、国宝の「金錯銘鉄剣」が出土、ワカタケル大王(雄略天皇)に仕えた親衛隊長の墓

 

将軍塚古墳  全長90m 発掘調査で鉄製のよろい、馬具、太刀などが出土 墓の周囲には円筒埴輪がずらりと並んでいる

 

二子山古墳 全長138m                                   丸墓山古墳  全長105m 高さ18.9m 石田三成が陣を構え石田堤を築く

 

愛宕山古墳  全長53m                                        瓦塚古墳 全長73m 

   

奥の山古墳  全長66m                                        中の山古墳 全長79m

  

鉄砲山古墳 全長112m  むき出しの土が発掘跡調査中                   浅間塚古墳の上に前玉神社が1500年以上の歴史を残す

 

「さきたま史跡博物館」 

 

 

 国宝「金錯銘鉄剣」 115の金象嵌文字が刻まれている                  瓦塚古墳から出土

  

稲荷山古墳の埋葬図 金錯銘鉄剣、神獣鏡、鉄斧、矢、鉾、鞍など           将軍山古墳の埋葬状態  馬具、太刀、鉾、鉄製防具など                                    


 「忍城」

石田三成による二万人の水攻めに、負けることなく二千人の領民、兵でひと月耐えたが、北条勢の小田原城が落城したため開城する  

 

忍城(行田市郷土博物館) 昭和63年再建

 

 丸墓山古墳に三成が陣を構え、28kmの石田堤を1週間で築き水攻めする         江戸末期の忍城と古墳群が描かれている

 

 


 ★ワカタケル大王の銘がある鉄剣を出土した「稲荷山古墳」、「将軍塚古墳」の副葬品、馬具などから当時の埋葬の様子がうかがえ知れる。

★5~7世紀にかけて作られた40基を超える古墳群が、現在8基の円方後円墳と1基の大型円墳があり、2基の発掘調査以外は手つかずの墳墓

★前から訪れたいと思っていた映画「のぼうの城」、(忍城)が、広大な沼地に築かれ、秀吉の水攻めの対象になる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 第86回 東海中日ベテランテニス大会と徳川園

2017-06-23 10:00:56 | ベテランテニスと散策

2017.6.19(月)~22(木)

1年ぶりの名古屋、JOPグレードD 75才単64ドロー、第一シードを守れず3Rで敗退。徳川美術館、徳川庭園、小牧山城を巡って帰る。


 

 東山公園テニスセンター

 

「徳川美術館

尾張徳川家邸宅の「黒門」 明治33年

 

徳川美術館  書籍・絵画・彫刻・陶磁・漆工・染織・刀剣・武具、金工・工芸などの中に、国宝「源氏物語絵図」の複製が展示される

 

 家康着用の「黒塗黒糸威具足」                                                        総大将の目印 「三団子形馬標」

 

「徳川園」

池泉回遊式の日本庭園

落差6mの三段の大曽根の瀧 (現在は井戸からポンプアップ)

 海に見立てた龍仙湖

  

「小牧山城」

 

小牧山城 美濃攻略に向け信長が築き4年間在城した山城(標高86m)   「小牧・長久手の合戦」で家康の陣城     昭和43年 コンクリート製で復元

天保15年(1844年) 


★椎間板ヘルニアによる大腿部の痛みはまだ続いおり以前より回復してきたが、瞬時の動きや走った時に腰の不安定な面が残る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 新緑と水芭蕉の尾瀬散策

2017-06-13 18:16:24 | 山散策

2017.6.9(金)~10(土)

10年ぶりに、6月の新緑と水芭蕉を求めて出かける

浅草駅6:30→会津高原駅→沼山峠12:30→大江湿原→尾瀬沼→白砂峠→17:05見晴(泊)  4時間35分 16000歩

見晴4:30→竜宮→6:30見晴(朝食)7:20→白砂峠→尾瀬沼→沼山峠13:40→会津高原駅15:15→18:15浅草駅  9時間 27000歩


 

 オオシラビソ林の沼山峠(1700m)                                                         雪の重みで曲がったシラビソ

 尾瀬沼(標高1650m)、大江湿原から見る燧岳(2356m) 

尾瀬沼から見える至仏岳(2226m)

 

白砂峠近く朝湖湿原からの燧岳と芽生き始めたブナの新緑が美しい 

早朝の見晴、山小屋(1400m)と燧岳

 

下田代付近の水芭蕉と至仏岳                                                                                                            東電小屋と景鶴山(2004m)

 

竜宮現象(横の木道が地下トンネル50m)と至仏岳(2226m)

竜宮入り口    川の水が勢いよく吸い込まれ渦を巻く伏流点

竜宮入り口から、地下にもぐり50mほど離れて水がもくもくと湧いて出る 湧出点 

 

 「尾瀬の花々」 

  

  

  

  


★会津高原駅では春ゼミが山々に響き渡り、尾瀬ではカッコーとウグイスの声が迎えてくれ、歩く疲れを癒してくれる。

★今年は6年ぶりの大雪で、開花が遅れ、芽吹いたブナが萌黄色に明るく輝いている。

★帰路は、三条の滝から燧裏林道、御池を予定したが、雪が多く道に迷いやすいと小屋の忠告を受け、同じ道を帰る。

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 水郷潮来あやめまつり

2017-06-12 15:21:59 | まち歩き

2017.6.13(水)

6月7日梅雨入りした関東地方は、雨が降らない空梅雨が続き、テニス試合の合間に息抜きに出かける。


昭和30年代まで見られた情緒豊かな「嫁入り船」を本物の花嫁が再現

あやめ園で、嫁入り船に集まる観光客

 

 前川に咲き誇る100万株のあやめ

見頃を迎えた花ショウブ


 

★利根川下流の水郷にきたので、佐原の天然うなぎを食べて帰る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のんびり裏磐梯

2017-06-07 08:59:09 | 旅行

2017.5.25(木)~26(金)

テニス試合の合間に、新緑の裏磐梯温泉でのんびりしてきました。 


 

五色沼と磐梯山

 

ホテル庭先からの磐梯山                                                                                                      標高830mには、スイセンが残っている

ひっそりした檜原湖

 飯豊連峰のビュースポット「恋人坂」  喜多方の田んぼは田植えを終えたばかりで飯豊山の雪解け水で輝いている。 中央右の雲の中に飯豊連峰が隠れている

喜多方市の北部方面


★東京は雨模様だが、磐梯地方は曇り空、飯豊連峰の景観は次の機会にして、喜多方ラーメンと日本酒に満足して帰る。

★テニスの試合のため、投稿が前後し遅れました。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 第96回毎日ベテランテニスと散策

2017-06-04 12:30:28 | ベテランテニスと散策

2017.5.30(火)~6.3(土)

東京毎日テニス Cグレード 75才単 93ドロー。 雨による中断も無く連日の試合で、ヘルニア腰痛が増し準決勝で棄権する。

昭和の森テニスセンタ会場へ向かう途中にある「谷保天満宮」と「昭島市郷土資料室」に立ち寄る


 今年できたクライミングウオールと80才の試合風景

 

「谷保天満宮」

甲州街道沿いの静かな森に面した鳥居

 

903年(延喜3年)学問の神、菅原道真公を御祭神に創建                                 明治41年 有栖川宮威仁親王殿下のドライブ昼食会

 

「昭島市郷土資料室」

 

西上遺跡(中神町)  縄文中期の土器

懐かしい農耕工具


★右大腿部の痛みから、苦戦の連続でいつ負けてもおかしくなかったがSFまで登れた。連続5日間の痛みで限界を感じ1セットを終えて棄権した。

★80才のシングルス戦を拝見して、暑い炎天下を48人の選手が元気よく走り回っているのに勇気づけられた。(85才単も9人が参加)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 第91回関東オープンテニスと大宮公園

2017-05-19 09:59:37 | ベテランテニスと散策

2017.5.16(火)~18(木)

ヘルニアで右太腿の痛みが治らないまま、Bグレード128ドロー75才単に参加したが4Rで敗退。大宮公園の博物館と氷川神社を散策 


 

 

 

16面が細長く続く大宮第2公園テニスコート

 テニスコートに接している大宮第2公園  利根川から見沼代用水の芝川から引き込んだ遊水池

6月中旬に開花する2500株の花菖蒲

 

[埼玉県立歴史と民族の博物館]

 

県立歴史と民族の博物館 

 

石棒、石剣は男性、土偶は女性を表し生命の誕生を祈るまじない道具            縄文土器の移り変わり(1200年前草創期、前期、5000年前中期)

 

5~7世紀の埼玉古墳群 有名な稲荷山古墳の金文字の鉄剣

  

 古墳群の出土品                                                        将軍山古墳6世紀の出土品(太刀の飾、馬具)

  

 奈良時代 「役人の七つ道具」水入れ、円硯、墨、刀子、砥石                   奈良時代の木簡、荷札(秩父郡からの納税品天平17年)

  [氷川神社]

 

見沼の水神を祀っていた 武蔵国一宮 楼門                                            氷川神社の社名標 大正6年10月             

 氷川神社 官幣大社として2400年以上の歴史をもつ 明治天皇が行幸       


★ヘルニアの痛みが少しづつ、緩やかに回復している気配があり大会に参加。

★5月度のJOPランキングが1位となったが、今回の大会成績では、大幅にポイントが減り余儀なくランクダウンする。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皆野町 「美の山公園」の桜

2017-04-22 08:14:29 | 山散策

2017.4.19(水)

長瀞近くの美の山(587m蓑山)公園で、桜の花びらが散る中で「すき焼き鍋」で花見をする


 

山頂の公園

 北方面 榛名山、赤城山、少し離れて男体山が見える 

 南西方面 武甲山、天目山、雲取山、和名倉山(白石山)、甲武信岳、三宝山・・・・ 両神山・・・・・浅間山(写真切れ) 

   

南西方面は、秩父山地に囲まれた秩父市内                                                 帰路に立ち寄った黒山三滝  


★ 車で山頂に行け、秩父山地の山並みを眺め、のんびり花見ができる絶景スポット、また来てみたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 第27回 残響会(吉祥寺聘珍樓)

2017-04-21 19:39:08 | 会合

2017.4.21(金)

毎年4月に開催され、体調不良などで昨年より減り15名の予定でしたが、14名が参加しました。 

第26回 http://blog.goo.ne.jp/iiji_goo/e/4664804029414e25b18a4d05b9043533

第25回 http://blog.goo.ne.jp/iiji_goo/e/bb16da87ef8bd558745292588263ebc2


 

聘珍樓の「シェフランチA」 メニュー

 

1年間の近況報告が始まる 

三鷹製作所が78年間で解体され売却、名物のヒマラヤ杉は保存されるもよう 

 足腰の痛みを押して参加した14名 


★この1年間に参加14名中、6人が入院手術を受けており、病気や健康維持の話題に3時間が過ぎた。

★来年は、4月20日(金)を予定しており、元気な笑顔の再開を期待したい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 第53回 東京オープンテニスと散策

2017-04-15 17:12:52 | ベテランテニスと散策

2017.4.11(火)~14(金)

東京オープンで、75才単(ドロー128)初めての第一シードで参加したが、4Rで敗退した。


 

コート周辺の桜は満開を過ぎたばかり

コート北口の道路には、山中で見かける珍しいタムシバの並木

奥多摩の山々が垣間見え、奥秩父の山は白く冠雪  三頭山、御前山、大岳山

クライミングウオール2年前の壁と奥に新たにスピードクライミング用(15m)が出来た

新奥多摩街道沿いの残堀川の桜並木


★椎間ヘルニアの回復様子を見るために出場したが、やはり最初の動きが悪く、せっかくの第一シードが守れず残念。

★例年になく寒さが続いたためか、今まで見られなかった、タムシバや桜の花が楽しめた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017第16回 睦麿会

2017-03-30 11:01:59 | 会合

2017.3.29(水)

同期入社の仲間、2000年から再開した睦麿会、初めて日帰り温泉で開催17名が参加、温泉で流した汗でビールが売れる。

http://blog.goo.ne.jp/iiji_goo/e/1533028496c5a027d03994a8dfb81171


   

深大寺から近い深大寺温泉「湯守の里」 自然なままの野天風呂

   

1年間、積もった話をわずかな時間に話す楽しみと聞く楽しみ

 

会を終えての記念写真 

 

終会後の深大寺散策

 

 深大城の城郭  15世紀の土塁                               現在の水生植物園

 

 

深大寺城 の第2廓跡が水生植物園に代わる 5月下旬の花菖蒲が見事らしい

      

カタクリの花が一輪売残って咲いていた                           深大寺城跡

 

  

元禄時代の深大寺山門                                              深大寺本堂 天平時代に開山 浅草寺に次ぐ古刹 


★ 温泉に浸かり、くつろいだ気分でのスピーチは、それぞれ何等か病気を抱えて体調や病気など健康の話に賑わう

 現在75才男子の平均余命は、12.09年このうち自立できない期間は1.6年、つまり約85才までが自立生活できる平均健康寿命です。

★ 今回は温泉と花見を2月中に策したが、寒さが続き桜は1~2歩咲き、はじめて深代城跡を散策、城郭が見事な水生植物公園になっている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 第24回台東区囲碁大会

2017-03-13 17:49:03 | 囲碁

2017.3.12(日)

「台東区いきいきプラザ」で、一般97名と今年から小学生以下30名がFクラスで初参加、9時30分から16時30分囲碁大会が行われた。

Eクラス10級で臨み、2勝2敗で賞品には届かなかった。


開会式の会長挨拶  AI囲碁が時代の変化を起こす。ジュニアの囲碁熱が高まる

大会風景 子供達が歩き回る

小学生は、考えることなく次々素早く打ち込む

Fクラスは、あどけない幼稚園生が3位に入賞

Eクラス 90才の最年長者が優勝


★今年は子供達が初参加、保護者も加えてにぎやかな大会になった。

★子供達の囲碁は直感的に素早く定石通り打ち込み、10級の私など競ってもとてもかなわない。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 大和まほろばテニスと明日香散策

2017-03-08 12:12:25 | ベテランテニスと散策

2017.3.1(水)~5(日)

大和三山や、山々に囲まれたのどかな農村風景は歴史舞台の中心、春の日差しを浴びた「明日香」に出かける。

昨年末からの腰痛が悪化しヘルニアとなり、ドクターストップ、右太腿の痛みで決勝戦を棄権した。


 

天香久山に近く藤原京の中央付近、県立明日香庭球場 20面                                  クラブハウスも伝統の瓦が美しい

コート付近から、 橿原方面

コート付近から、桜井市方面 

コート近くの「飛鳥川」 高取山(高取城)を源流とし明日香村中央を流れ、万葉集などの古歌にも詠まれている 左小山は、蘇我蝦夷・入鹿の邸宅「甘樫丘」


  ◆ 橿原考古学博物館

  

 橿原考古学博物館                                             稲作伝播の流れ

   

 発掘された石器類                                             銅鐸を使った祭祀のジオラマ

   

   古墳から出土した武器・武具  


 ◆ 藤原宮跡資料室

 

 「日本国はじまりの地」大化の改新(654)後の首都「藤原京」                                     日本最古のカレンダー

 

 藤原宮に日本で初めての瓦屋根が使われる                                                 飛鳥寺、坂田寺などの瓦

 瓦造りのジオラマ

 

 

日本で最初、律令国家体制の組織図                                                   当時の役人 木簡と筆、小刀が必需品 

   

 宮廷女官                                 貴族の食事                            庶民の食事


  ◆ 明日香村埋蔵文化財展示室

 

藤原京 694~710年 16年間                                                               出土した木簡

    

飛鳥で活躍した人  クライマックスは、乙巳の変(いっしのへん)の入鹿殺害            高松塚壁画

 

猿石                                                                                          瓦製の土管 径23cm


 ◆ 四神の館(キトラ遺跡)

 

新しい「四神の館」 木立の森塚がキトラ古墳                                             館内に天文図を描く

 

原寸大の石室 鎌倉時代に盗掘されたが奇跡的に壁画は残された                                    天井壁 世界最古の天文図   

  

 南壁 朱雀                               西壁 白虎  (東壁 青竜は汚れ撮影できず)            北壁 玄武    

   

キトラ古墳の前面に広がる百済の檜隈集落(渡来人)の生活様子のジオラマ 


★2013年から、5年続いた「大和まほろばテニス」Dグレードが来年からE1グレードに下がり、来年からは試合参加を見合わせる。

★律令国家の基礎がきずかれ、仏教が花ひらき、諸文化が萌芽した、古代文化発祥の地。明日香に4年続けて宿泊し、のどかな里山風景と歴史文化を色々と学ばせていただき楽しい遠征試合でした。また観光に訪れたい。

2016 http://blog.goo.ne.jp/iiji_goo/e/75fa2f94acc30256782aa4c1d1ed76eb

2015 http://blog.goo.ne.jp/iiji_goo/e/9e00d3247e0811200b76fd5163a69a22

2014 石上神社、大神神社、飛鳥寺、岡寺、橘寺、橿原神宮、一言主神社、九品寺、石舞台、高松塚古墳、キトラ古墳、大和三山、葛城山などを散策

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 草津温泉スキー

2017-03-06 09:43:38 | スキー

2017.2.25(土)・26(日)

恒例の温泉とスキーに今年も出かけました。


関越渋滞で軽井沢経由、鬼押し出し、煙吹く浅間山

天狗山ゲレンデ  大正2年スキー伝来 昭和23年最初のスキーリフト架設 

年々上達するスキーとボード

本白根ゲレンデは、滑降禁止

妙高、北アルプス方面は雲に閉ざされていたが、山頂からの雄大な眺めが癒してくれる

賑わう湯畑 1193年源頼朝が発見、武田信玄、豊臣秀吉、徳川吉宗らが係り、明治11年ベルツ博士が訪れる


 ★ 年1回の草津温泉めぐり、ここ数年は快晴に恵まれ楽しく雪遊びをしてきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新宿 都庁展望台

2017-02-17 09:05:04 | まち歩き

2017.2.15(水)

「睦麿会」の準備会合が新宿であり、早めに出かけ都庁南展望台(202m)に立ち寄り雄大な展望を納める


 関東山地(89km) が一望  

 田無、羽村方面 雲取山70km

 高井戸、府中、八王子方面  南アルプス138mkm

狛江、矢野口方面 富士山94km

飯田橋、秋葉原方面   スカイツリー11km

神宮の森、渋谷、川崎方面から房総半島 


 ★ 初めて都庁展望台を訪れ、高層ビルが乱立する東京の目覚ましい発展を感じた

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加