蓑虫の山遊び

新潟県の山を主に紹介してます。

大峰山(399.5m)・古城山(283m)・鳥屋ノ峰(276.7m)

2015-12-06 | 櫛形山脈方面の山

大峰山(399.5m)  オオミネヤマ  三等三角点  2.5万図 「中条」

古城山(283m)  コジョウサン  三角点無し  2.5万図 「菅谷」

鳥屋ノ峰(276.7m)  トリヤノミネ  二等三角点  2.5万図 「菅谷」


登山年月日  2015年12月06日  (雨~曇り)

登山者  社長  蓑虫  2名

コースタイム

菅谷大峰駐車場-1:10-大峰山-1:00-古城山-0:30-箱岩峠

箱岩峠-0:40-鳥屋ノ峰-1:00-茗荷谷-0:40-大天城跡駐車場  

コース地図

 

今日は、社長さんは大峰山から箱岩峠まで

蓑虫は、鳥屋ノ峰から茗荷谷集落まで歩いていなかったので

雨の中菅谷駐車場から歩き始める

最初、広いアスファルトの道を歩き途中から砂利道になり登山口に向かう

-登山口手前から-

 

登山口は以前来た時より整備されていて看板も立派になっていた

-登山口の様子-

 

看板の左手前から歩いて行く、砂防ダムまで小さな沢沿いを歩いて行く

砂防ダム手前から左の斜面をジグザグに登って行く

途中「まぼろしの清水」と結う看板が有り、まぼろしを見に行く

-まぼろしの清水の看板-

 

ところが水は流れていなく残念だった、そのまま真上に藪漕ぎをして林道に出た

林道に出た時が今日1日の中で一番悪天候で霙が降ってきた

そこから少し戻り右手に大峰山の看板の所から登って行く

少し登ると、今度は登山道の分岐に出て、そこから大峰山をピストンする事にした

大峰山は誰も居なく三角点とベンチが有った

-大峰山山頂の様子-

 

写真を撮って戻り古城山に向かう

途中山肌が痛々しいほど山を崩して電波塔らしき塔が建てられていた

その奥に立派な登山道が続いていた

古城山手前で今回のルートで一番景色の良い所に出た

そこはベンチが有り時間と天候が良ければゆっくり休みたい所だ

-景色の良い所から-

 

 

そこから少し歩くと古城山手前に着く

登山道は古城山の左側10m位下を巻くように続いているが

我々は、そのまま藪の中を登り、笹に覆われた山頂に着いた

-古城山の様子-

 

そこから少し進んで堀跡から左手に下り登山道に出た

後は、だらだら歩いて行くと林道に出た

-櫛形林道に出た所-

 

林道を歩いて箱岩峠に出た

箱岩峠は今道路工事をしていて通行止めになっていた

-箱岩峠の様子-

 

そこでゆっくりラーメンとパンを食べて鳥屋ノ峰に向かう

鳥屋ノ峰へは結構急登が続き大変だった

杉林から雑木林に変わり落葉の道を登って行くと山頂に着いた

山頂は狭く細長く真ん中に二等三角点が有った

-山頂の二等三角点-

 

山頂からは櫛形山(568m)や鷲ケ巣山(1093.3m)・光兎山(966.3m)

風倉山(931.4m)や二王子岳(1420.3m)が白い綿帽子を被り綺麗に見えた

-山頂から大峰山・櫛形山-

 

-山頂から光兎山(966.3m)・頭布山(1017.2m)-

 

-山頂から落堀川の発電風車-

 

-山頂から二王子岳-

 

よいよ、今日の目的の道を歩く、山頂から少し下った所から右手に進む

道は綺麗に整備されていて気分良く下って行く

-登山道の様子-

 

だけど、茗荷谷集落まで何回かアップダウンを繰り返し下って行く

途中、何か所も分岐が有り、何処に下るのかまたまた興味が湧いて来た

「東新潟火力B線」の47番鉄塔に着いた、そこから送電線の巡視路を下り茗荷谷集落に出た

-茗荷谷集落に出た所-

 

そこから46番鉄塔の分岐まで戻り46番鉄塔に一登りし

そこから少し下ると「下山田塩谷林道」に出た、そこから右手に林道を進むと「大天城跡駐車場」に着き

菅谷の駐車場まで戻り帰途に着いた

 

おしまい

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンダロク山(865.9m)  | トップ | 鳴沢峰(880.1m)・菅名岳(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む