さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 シェムリアップ他

2010年05月20日 | 海外旅行
アンコールワット観光の締めくくりとして、ホテルと食事についてまとめておきます。

泊まったのは、パシフィック・ホテル・シェムリアップです。地球の歩き方によれば、最高級、高級に次ぐ中級とのことですが、新しくきれいなホテルでした。

空港からシェムリアップに町に入る国道8号線沿いには、このような新しいホテルが並んでいます。



各ホテルには、遺跡にちなんだ飾りが置かれています。アンコールトムの象のテラスにも、当時はこのような飾りが置かれていたのでしょう。



朝のロビーでは、木琴の演奏が行われていました。ポロン・ポロンと、ものうい熱帯の朝を奏でていました。



ロビーの正面には、このような祭壇が置かれていました。中央の神様は、中国系のようで、左右は恵比寿・大黒でしょうか。その前の、打ち出の小槌を持ったデブ猫の置物はなんなのでしょうね。パタリロ作者の魔夜峰央による漫画に出てきそうな顔をしています。



シェムリアップのホテルは、アンコール・ワット観光宿泊施設だけではなく、リゾートホテルを狙っているようで、プールを備えています。





プールサイドに寝そべって時間を過ごすには、アンコール・ワット観光のスケジュールは過密でした。



水着も持っていっていたので、一晩だけ、プールで泳ぎました。プールの水は、塩水でした。真水だと、熱帯のため、すぐに虫が住みつくのでしょうね。



プールサイドの噴水の飾り。気温が高いため、花を生けるよりは、花を水に浮かべて飾ることの方が多いようです。



これは、国道8号線沿いの近くにあったホテルです。地元民の生活環境とはかけ離れたホテルが並んでいますが、地元の経済に貢献しているので、良しとしましょう。



気温が高く、観光の間に汗びっしょりになるため、食事の際にはビールが欠かせません。

ここの地ビールは、アンコールでした。ビールビン入りのものは、アルコール度数が少し高いようです。

遺跡の売店で1ドル。レストラン及びホテルでは、2.5ドル~3.5ドルでした。そうとうぼられており、町なら、いくらになるのでしょうね。現地への経済的貢献と思って、気にしないことにします。



クメール料理として一番気に入ったのは、クイティクでした。ビュッフェスタイルの朝食では、米の麺か春雨を選んでゆでてもらい、自分の好みで青野菜や辛子味噌を入れ、スダチを絞って食べます。豚骨スープ味でした。



ビュッフェの取り皿の左が、クイティクでした。毎朝食べることになりました。



初日の昼に食事をとったクメール料理店です。



テーブルには、花を水に浮かべた飾りが置かれていました。



まずは、豚肉の生姜焼き。なお、これで4人前です。主食には、白いご飯がでました。



肉団子入りのスープ。



白身の魚のフライの酢豚風。



野菜をつめたカンボジア風チクワ。



デザートのココナツゼリー



夜のビュッフェスタイルのレストラン。



中庭では、影絵や上演されていました。



上の皿は、春巻と思って、脇にあったソースをかけてとってきたものです。食べたら、甘いはちみつで、中に肉は入っていませんでした。スープも甘く、安心して食べられるものとして、焼きそばを選ぶことになりました。



ここからは、二日目の昼食。ゆでた野菜。



春巻



煮物



焼きそば。



スープ。



デザートのカボチャプリン。

クメール料理は、砂糖の原産地であるためか、甘い味付けが多く、スパイスは控えめでした。もっとも、観光客用レストランのために、味付けは現地のものとは違っている可能性もあります。



南国とあって、名前も知らない花が沢山ありました。













シェムリアップの空港は、国際空港というには小さいもので、売店もそう多くありませんでした。



アンコール遺跡観光は、これにて終了。飛行機に乗り込みました。

(これにて、アンコール遺跡篇は終了)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 アプサラの踊り | トップ | 放山から空沢山 (2010.5.15.) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2010-05-22 15:04:03
まだまだ庶民と観光客やそのホテルとのギャップは大きいですね。
遠い昔、学生時代に時々中国の観光地にいきましたが、こんな感じでした。
地元貢献だと思って。。。なるほど、そんな考えもありますね。
十分にアンコールを楽しませていただきました。
リゾート地 (さすらい人)
2010-05-24 11:49:29
今日は。
ヨーロッパを旅していた時は、こんなデラックスなホテルには泊まったことは無かったですけどね。
シェムリアップの町は、アンコール・ワット遺跡観光に加えて、リゾート地化をめざしているようです。
このままカンボジアの政情が安定していてくれれば、10年も過ぎると、大きく変わっているでしょう。
アンコール・ワット篇にお付き合いくださりありがとうございます。来週からは、新シリーズを報告できると思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む