さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 アユタヤー その6

2011年08月25日 | 海外旅行
ワット・ローカヤースッターでは、寝釈迦象を見学することになります。

全長28mの像が草原に横たわっています。



中期アユタヤー様式とされていますが、1956年に復元されたものです。



寝釈迦象は、涅槃仏とも言われ、釈迦が入滅する様子を仏像としてあらわしたものです。

巨大な足です。



寝釈迦象の背後



背後の奥には、建物跡が広がっています。



寝釈迦象を一周して見学は終わり。

グッドタイミングというべきか、夕立が襲ってきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 アユタヤー... | トップ | さすらいの風景 アユタヤー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
意外に (本読みと山歩き)
2011-08-25 15:04:15
タイ出張が多かったとき、アユタヤも行きたかったのですが、かないませんでした。
お陰様でいろいろ勉強させてもらっています。
 第一印象は、予想以上に荒廃しているということでした。
そんな観光地という感じも写真からは感じられません。
 でも、遺跡はやはり興味深いですね。
 
タイ (さすらい人)
2011-08-25 22:45:33
タイは、日本企業の結びつきも多いようですね。アユタヤは、ラオス軍の進攻によって完全に破壊されたというので、これでも遺跡が修復されたのでしょうね。バンコク市内のキンキラのお寺と見比べると、歴史や時の経過が判って面白いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む