さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ウィーン その7

2011年10月22日 | 海外旅行
王宮の中も撮影禁止のため、ガイドブックからの写真になります。

謁見のための控室

フランツ・ヨーゼフ皇帝は、毎週二回謁見を行いました。民間人も許可され、男性は燕尾服、軍人は制服、女性はドレスに帽子着用が求められましたが、それを準備できない人のため、各地の民族衣装も認められました。国民のあらゆる地方の各階層の人々が集まったといいます。



謁見の間

皇帝は立ったまま謁見を受け、1日100人以上の謁見を受けて、個々の謁見時間は数分であったようです。



会議室

ここでは、皇帝が議長を務めた大臣会議が行われました。

壁際には、皇帝の母ゾフィー女大公の胸像が置かれています。



ゾフィー女大公は、生涯、政治的助言者として息子を補佐し続けました。

息子の嫁のエリザーベトと対立し、エリザーベトがウィーンを離れて放浪の旅に出る原因になります。ミュージカル「エリザベート」では、完全な敵役になっていますね。



フランツ・ヨーゼフの執務室

皇帝は、早朝の4時から夕方の5時まで書類の処理に取り組み、朝食と昼食もこの執務室でとりました。

皇帝にとっては、ここが個人的空間である居間でもあったので、家族のポートレートが飾られています。



部屋着姿で、長い髪を解いて胸元で結んでいる絵は、とりわけ皇帝のお気に入りの絵だったといいます。



美しい肖像画ですが、少し深読みをする必要があります。

19世紀頃までのキリスト教の影響下では、長い髪は女性の罪の象徴とされたといいます。そのため、女性が人前で髪をほどくことはあり得ず、寝室でのみ、その豊かな髪を開放することが許されていました。ほどかれた髪は、現在よりも、セックスアピールとして受け止められていたようです。

この二点のプライベートな絵を執務室に飾り付けることによって、皇帝はシシイに対する愛を思い起こしていたのでしょうね。



皇帝の寝室

持ち運び可能なベッドをはじめ、簡素な家具が置かれています。



フランツ・ヨーゼフの大サロン

このサロンでは、身内の来訪者をここで迎えましたが、エリーザベト皇妃の部屋と続いており、皇妃の死亡以後は使われませんでした。



エリーザベト皇妃の居間兼寝室

この部屋は、マリア・テレジアの時代にはロココ様式で内装されていましたが、エリーザベト皇妃のためネオロココ様式に乾燥されました。



皇妃の化粧及び体操室

エリーザベト皇妃が日常生活の大半を過ごした場所です。

室内には、木製の体操器具が置かれており、大サロンへの出入り口の上には吊り輪が取り付けられています。皇妃のためには、もっと大きな体操室も設けられていましたが、今は無くなっています。



エリーザベト皇妃のトイレ

水洗トイレになっています。



皇妃の衣装室

画家ベルグルが、マリア・テレジアの委託で風景がを描いています。



エリーザベトの大サロン



エリーザベトの小サロン



大きな控えの間



赤いサロン(プーシェの部屋)

これらの部屋は、アレクサンドル皇帝の部屋とも呼ばれます。

名前は、ロシアの皇帝アレクサンドル1世が1815年のウィーン会議中にこれらの部屋で過ごしたことに由来します。

アレクサンドル・アパトメントと呼ばれる一連の部屋は、エリーザベトのディナールーム、応接室として使われました。

内装は18世紀のもので、19世紀の家具が置かれています。



ディナールーム

フランツ・ヨーゼフの時代のディナーセットが置かれています。

公式の会食はフランス料理が中心で、最初は必ずコンソメスープで始まり、次いでカキ料理、サラダ、魚料理、肉料理が続き、デザートとチーズが締めくくりになりました。通常7種類から11種類の料理が出たといいます。

ウィーン市内の王宮は、日常的に使われていたため、シェーンブルン宮殿と比べると、華やかさには少し劣るものの、シシィの生活の一端がうかがわれて、興味深いものでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ウィーン ... | トップ | さすらいの風景 ウィーン ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
行った気分で楽しんでます (ミンティ)
2011-10-29 16:55:10
王宮内にも時間の関係上、入れなかったので、コチラのブログで疑似体験させてもらいました。

シェ-ンブルンとごちゃ混ぜになってしまいそうです。
王宮 (さすらい人)
2011-10-31 17:24:03
ウィーンは見どころたっぷりなので、1日では見切れませんね。
王宮とシェーンブルン宮殿は、見学すると同じような部屋が並ぶので、頭の中が混乱してきます。ヨゼフ皇帝夫妻が使った部屋が主に解放されているためもあるのでしょうね。新王宮の方はどうなっているのでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む