さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ヤンゴン その3

2013年02月09日 | 海外旅行
スーレーパヤーに続いて、ボーヂョーアウンサン・マーケットを訪れました。



ボーヂョーアウンサン・マーケットは、英国時代の1926年に建てられ、ヤンゴンで一番大きなマーケットです。観光客も大勢訪れていました。



中央の通路の両脇に、小さな店が密集して広がっています。



まずは、Tシャツのお店で買い物をしました。



自分用の海外土産としてTシャツを買うのですが、着ないものがたまっています。



ロンジンの店。ここまでの訪問地で、すでに買ってしまっています。



宝石類の店。





白檀製の仏像を売る店。信仰用のもののため、土産物感覚で買っても扱いにこまります。



漆製品。バガンで買ってしまっています。



シャンバックの店。

ヤンゴンに戻ってくるまでに買い物を済ましてきたため、あまり触手はのびませんでした。



市場入り口には、電話屋が店開きしていました。ミャンマーでは紙幣しか流通していないため、コインを使う公衆電話は普及していません。携帯電話も使われていますが、一般庶民用には、街角にプッシュホンを置いて、使用した時間に応じて料金を徴収していました。



続いてチャウッターヂー・パヤーを訪れました。ここには、全長70m、高さ17mの巨大な涅槃仏が祀られています。



巨大な頭を見上げることになります。



この寝仏は、元は、このような形をしていたようなのですが、頭が落ちたかして造り直されたようです。この形の方が意表をついて面白いのですがね。



足裏方向からしか全体像は見られません。



足裏には、仏教宇宙観図が描かれています。



新しく涅槃仏を造るに際して、小型のモデルが造られ、どちらが良いか意見を集めたとのことです。

こちらは、人気を集めて、現在のモデルになったもの。



こちらは、ボツになった作品。

涅槃仏とは、釈迦が入滅する様子を仏像としてあらわしたものです。日本では、既に入滅した姿の目を閉じた涅槃像が知られていますが、最後の説法をしている姿を顕す目を開いている涅槃像もあります。地元ガイドの話では、ミャンマー人は目を開いた姿を好み、日本人観光客は目を閉じた姿を好むとのこと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ヤンゴン ... | トップ | さすらいの風景 ヤンゴン ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
目を閉じた方に一票 (本読みと山歩き)
2013-02-10 08:12:06
ヤンゴンの小話がおもしろいです。
昔、ユダヤのジョーク集を始めいろんな小話集を読みましたが、結構 的を射ているものが多いような気がします。
まだまだ楽しみにしています。
寝仏像 (さすらい人)
2013-02-10 21:27:09
敦煌の涅槃像も目を閉じていましたね。中国を経由して仏教が伝わってきた時に、入滅後の寝仏像も持ち込まれたのでしょうね。
中国に関する小話は、台湾でも同じようなものがありますね。日本敗戦後に、台湾に中国本土から渡ってきた外省人が腐敗政治を行ったことに対し、抗議運動とその弾圧が起こされた二・二八事件では、「犬去りて、豚来たる」(犬 [ 日本人 ] はうるさくても役に立つが、豚 [ 国民党 ] はただ貪り食うのみ)といわれたといいます。日本にとっての歴史認識とは、こういったところから考えるべきでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む