さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ヴェルサイユ宮殿 その2

2008年11月26日 | 海外旅行
ヴェルサイユ宮殿の魅力としては、庭園もあげられます。

建物の外に出て庭に回ると、北の花壇、南の花壇と呼ばれる二つの対になった泉水があります。



フランス庭園の特徴である、幾何学模様、人工的なといった方が良いのかもしれない花壇が広がっています。



別な訪問時の写真。短い間隔で花を植え替えているようです。





ヴェルサイユ宮殿には、王族以外の者のトイレは無かったといいます。女性は、庭で、大きく裾が開いたドレスで隠し、そのまましゃがみこんで用をたしたと言います。ここから、山用語としても使われる「お花摘み」という言葉が生まれたとか。
今度からは、上品な人は、「ヴェルサイユのお庭へ」と言ったら良いのではないですかね。



水の庭園と呼ばれる泉の周りには、フランスの四川を現した像が置かれています。他にも像が置かれていますが、水の流れ出る壺を持っているのが、四川の像ですね。

















多くのブロンズ像が置かれて、庭園の美しさを引き立てています。

庭園のこのあたりはまだ入口付近で、まだ一部です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京西洋美術館 常設展 | トップ | さすらいの風景 ヴェルサイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む