さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ソグネ・フィヨルド その1

2008年06月27日 | 海外旅行
世界の車窓風に。

オスロ発23:00のノルウェー国鉄ベルゲン行きの列車に乗り込み、ソグネ・フィヨルドへの旅を始めました。

ユーレイル・パスを使っての一等車での旅ですが、今回は、さらに贅沢をして、寝台車の一人用コンパートメントをとりました。これで、夜はゆっくりと眠れるはずです。

しかし、誤算であったのは、6月のため夜は短く、しかもこの緯度ともなると、白夜状態でした。列車が出発した11時過ぎにようやく暗くなり、2時頃には薄明るくなって、外が眺められるようになりました。

結局、窓ガラスに張り付いて、風景を眺めることこになりました。

あまり良いとはいえない写真が続きますが、白夜での写真ということで、お許しを。



白々と明けてきた窓の外は、残雪が広がっていました。

標高は最高点でも1000mほどですが、緯度が高いため、樹林限界を超しています。



雪原の中にぽつんとたたずむ一軒の家。どのような人が暮らしているのでしょう。



窓の外を流れていくのは、原野なのでしょうか、湖なのでしょうか。雪の下に埋もれています。



6月初旬の風景とは思えません。



空も明るくなってきて、そろそろ下車の準備をする必要があります。

寝台車に乗ったのですが、風景を眺めていて、眠ったのは僅かな時間でした。



海抜866mのミュルダールに到着です。ここで、山岳鉄道のフロム鉄道に乗り換えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 オスロ7 | トップ | 速報 オサバグサの帝釈山と... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
北欧に憧れ (トチオしょうちゃん)
2008-06-27 21:03:40
 いつも楽しみに見ています。
昔、「五木寛之クラッシック小説集」全6巻、CD付きを買いました。その中に「北欧組曲」があり、これを読んだり、聞いたりして北欧に恋しました。
 そこから引用<国境を越えておりなす青春の叙情詩。白夜の静寂に流れる旋律はやがて、青春のバラードへとかわる。>なんとロマンテックな文章でしょう。
 曲も「叙情小曲集」や「トゥオネラの白鳥」が
入っていて深夜にじっくり聞きました。
 思い出は美しい!次回も楽しみ。
北欧に憧れ に追加 (トチオ)
2008-06-27 21:13:59
 引用の文章が抜けたので追加。
「国境を超えておりなす青春の叙情詩。白夜の静寂に流れる旋律はやがて、青春のバラードへとかわる。 」
五木寛之 (さすらい人)
2008-06-29 19:22:33
五木寛之氏の初期の作品は、読んでいましたが、最近の作品は読んでいませんね。初期の作品には北欧が舞台になったものが沢山なたっと思います。「白夜物語」なんてのもありましたね。ひと昔には、貧乏旅行の若者が北欧をめざした時期もありました。
北欧の風景には、やはりグリーグやシベリウスの音楽があうようですね。 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む