さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ブダペスト その2

2011年09月29日 | 海外旅行
空港からホテルへの移動の途中で見た夜景の美しさに誘われて、チェックイン後ただちにホテルを飛び出して、王宮の丘をめざしました。ホテルの到着時間によっては夜歩きも可能かなと思って、前もって、地図で道順を確認してありました。

王宮の丘までは歩ける距離のはずですが、時間はすでに9時のため、あまり寂しいようだとあきらめる必要があります。

まずは、モスクワ広場をめざし、そこからは高い方をめざしました。

感がうまく当たって、ウィーン門にでました。以前には、ここに城門がありましたが壊さてしまい、現在の門は、1906年にトルコからの開放250周年を記念して造られたものです。



城内に入っていくと、レストランがまだ営業中でした。



石畳みの道は、街灯にほの暗く照らされていました。翌日の観光では、この通りにある刺繍をメインにした土産物店に案内されることになりました。

少し歩くと、前方に尖塔が見えてきました。



マーチャーシュ教会の尖塔です。



翌日の観光で、詳しい説明を受けることになるので、ただ、夜景を楽しむことにしましょう。



教会の屋根も美しいタイルで覆われています。



三位一体広場から見たマーチャーシュ教会



広場に置かれた三位一体の像



マーチャーシュ教会を左に巻いた所の広場に、聖イシュトヴァーンの像がありました。



聖イシュトヴァーンの像を取り巻くように漁夫の砦が続いていました。

漁夫の砦の入場は有料ですが、夜間は無料開放されていました。



漁夫の砦に上がると、夜景を楽しんでいる人がいました。



漁夫の砦の下には、ドナウ川が流れています。

国会議事堂もライトアップされていました。



左奥は、イシュトヴァーン大聖堂



くさり橋



丁度、中秋の名月だったようです。



翌朝の漁夫の砦の観光は、この階段を上ってくるところから始まりました。



マーチャーシュ教会を後ろの方から見たところ



屋根がタイルで飾られているのは、ウィーンのシュテファン寺院と似ています。



漁夫の砦の近くで演奏されていたジプシー音楽も終わり、静けさが広がってきました。



聖イシュトヴァーンにもお休みの挨拶。



本格的な観光は二日目ですが、まずは夜景を楽しむことができました。

ホテルから王宮の丘までは20分ほどの歩きでしたが、写真撮影の時間も含めると1時間半ほどかかりました。

ちなみに、今回の旅行で使用したカメラです。

カメラ Canon EOS KissX5
レンズ Sigma 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

夜景の撮影条件
ISO 上限6400のオート
プログラムオート
露光条件 2/3アンダー
手持ち撮影
ハイライト部を中心にして半押することにより、ピントと測光を固定した後、カメラをずらして構図を決定。

最後の写真は、以下の条件で撮影されています。

絞り 2.8
露出時間 1/30秒
ISO 3200
焦点距離 19mm

このレンズのおかげで、夜景の撮影が楽になりました。焦点距離が少し短いので、望遠よりの写真が予想される場合は、70~300mmの望遠ズームを用意しますが、今回は省略しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ブダペスト... | トップ | さすらいの風景 ブダペスト... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2011-09-29 07:48:36
おはようございます。
始まりましたね~中央の旅! 
夜景は、撮影技術も含めて、すばらしく綺麗です。
ブダペストは行きませんでしたが、西欧と違う雰囲気がありますね!
たのしみにしています。
すごい綺麗ですね! (ミンティ)
2011-09-29 22:14:12
三脚を使わなくても、こんなに綺麗に撮影出来るものなんですね。
素晴らしいです
Unknown (さすらい人)
2011-09-29 22:48:53
本読みと山歩きさん:
夜景は昼間の風景とは違った美しさがあって、撮影にも力が入りますね。
ライティングの関係もあるでしょうけど、今回の旅では、ブダペストの夜景が一番華やかでした。ヨーロッパの国は、同じ陸続きの隣どおしでも、雰囲気が違っているのは面白いですね。
夜景撮影 (さzすらい人)
2011-09-29 22:54:08
ミンティさん:
夜景撮影も、慣れてくると、それほど難しくはありません。夜景撮影のおかげで、海外旅行での行動時間が長くなってしまいます。
ブラボー♪ (ange)
2011-09-29 23:32:57
漁夫の砦やマーチャーシュ教会が
ライトアップで浮かび上がってとても綺麗です。
お写真で見せて頂き とても嬉しいです。
この日は 中秋の名月だったのですね。
夜景撮影では 明るいレンズは頼もしいですね。
マクロなのでしょうか?
データーも参考になります。
旅のカメラ (さすらい人)
2011-09-30 13:49:37
angeさん:
この晩は、明るい月にも誘われての夜歩きになりました。
このレンズは、開放地が小さいので、夜景の撮影には適しています。マクロ機能もありますので、本格的な接写が予想されるのでなければ、これで対応できます。旅行中の撮影機材は何が適しているかと考えるのも楽しいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む