さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ローテンブルク その2

2009年07月16日 | 海外旅行
ローテンブルクの中心は、市庁舎のあるマルクト広場です。



広場に面している建物には、「マイスタートルンク(酒飲み市長)」と呼ばれる仕掛け時計があり、時間になると、観光客が集まってきます。

少し小さいですが、左は将軍、右は市長の人形です。将軍がラッパを吹くと、市長はグラスを上げて飲み干します。

これは、三十年戦争の際、新教側に組みしたローテンブルクは、旧教側の将軍に占領されます。入場した将軍は、市参事会員の首をはねようとしますが、この地の名物のワインを飲むと、難題を思いつきます。

「もしこのカメのワインを一気に飲み干す者がいたなら、この町の罰は許してやろう」

これに応えたのが老市長で、見事3リットルのワインを飲み干します。将軍は、斬首と町の破壊を取りやめたといいます。

この仕掛け時計は、この故事を現わしたもので、毎年の精霊降臨祭に合わせて「マイスター・トルンクの祭り」が開かれています。



市庁舎。14世紀に作られた古い建物です。



聖ヤコブ教会。13世紀にできた教会です。



奥に見えるのは、ジーバー塔。



五六階の大きな家が並んでおり、裕福な人々が暮らしたいっかくです。



マルコ塔



ヴュルツブルガー門



各店の飾りも手が込んでおり、見どころになっています。こういった店の飾りは、ザルツブルグのゲトライドガッセが有名ですが、この街でもいろいろなものを見ることができます。





これはホテルですね。



「マイスタートルンク(酒飲み市長)」の飾りなので、ワイン酒場でしょうね。



魚料理のレストランかな。

もっと滞在してゆっくりと見物していたいところですが、ひと時の滞在の後にバスは走り出します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ローテンブ... | トップ | さすらいの風景 ディンケル... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2009-07-18 03:46:15
今晩は。
今年の夏に、スイスに行くのですが、その前にこの街で1泊します。
城壁で囲まれているので、xx門というのがたくさんありますね。
城壁をぐるっと歩けるらしので、歩いてみます。
今はもっと観光地化されているんでしょうね。
ロマンテイック街道 (さすらい人)
2009-07-21 22:07:12
今晩は。
ロマンテイック街道を車でドライブされるようで、うらやましいです。ローテンブルクで泊まれるなら、ゆっくりと街を見物できますね。昔から旅行者の多い、観光地ですが、魅力的な街です。私は訪れることができませんでしたが、ヴィースの教会は、寄り道の価値があるようですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む