さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 アマラプラ その1

2013年01月22日 | 海外旅行
旅の四日目は、バガンからマンダレーに飛行機で移動しました。マンダレー空港は、小さいながら新しくきれいな建物でした。



空港からは、マンダレーに入らず、まずアマラプラに向かいました。アマラプラは、マンダレーの南約11kmの位置にあり、王国の首都になったことのある古都です。遷都に伴って、古い建造物はマンダレーに運ばれ、また地震による被害も受けて、かつての都であったものはあまり残されていません。

まず、ウー・ベイン橋を見学しました。



ウー・ベイン橋は、インワからアマラプラに遷都された際に市長であったペイン氏が、タウンタマン湖を渡るために、インワの旧王宮からラワン材を運んで、全長1.2kmの橋を架けたものです。160年近く軽かしていますが、修理を重ねて現在でも使われています。



乾季のために水位が下がって、橋の大部分は、地面の上を走っていました。



観光客も多く訪れていますが、地元民の生活路にもなっています。



湖には、多くの船が浮かんでいました。ここの船は、船尾に二つの突起を持つのが特徴的です。



橋の中央にあるあずまやまで進んでから引き返すことにしました。



中央のあずまやまで進むと、対岸の集落も見えてきました。



干上がった土地は畑になって、牛が鋤を引いていました。



流れ込む川の合流地点。



橋のたもとには、土産物屋が並んでいました。

続いて、マハーガンダーヨン寺院に向かいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 バガン そ... | トップ | さすらいの風景 アマラプラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む