さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 パリ その1

2008年10月25日 | 海外旅行
これからしばらくは、フランス篇を続けます。

フランスの首都のパリ、その発祥の場所で中心地になるのが、セーヌ川に浮かぶシテ島です。

シテ島には、多くの歴史的建造物が並んでいますが、その中でも代表は、ノートル・ダム大聖堂といって良いでしょう。「パリのセーヌ河岸」として世界遺産の一部になっています。



1163年に着工され、1225年に完成した初期ゴシックスタイルの建物です。ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指しているようです。



マポレオンの戴冠式は、1804年12月2日にノートル・ダム大聖堂で行われましたし、ヴィクトル・ユーゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ」(「ノートルダムのせむし男」)の舞台としても有名です。



ファサードを装飾する彫刻も見事です。



ゴシック建築ならではの、近くに寄ると見上げるような巨大な建物です。





セーヌ川方面からも美しい姿を見せています。



背後には、庭園もあって、また違った姿を見せています。





ノートル・ダム大聖堂のステンドグラスも見事です。



ステンドグラスは、明かり取りも兼ねていますが、内部に光は充分届いておらず薄暗くなっています。そのためか、ステンドグラスに飾られた窓は、神秘的な光で輝いて見えます。

続いて、ノートル・ダム大聖堂の屋上に登ってみましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旭岳(赤崩山) (2008.10.13.) | トップ | 焼山 その1 (2008.10.18.) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シテ島 (本読みと山歩き)
2008-10-28 20:24:40
こんにちは。
とうとう、パリですね。
パリ発祥の地がシテ島とは知りませんでした。
ノートルダム寺院もまだ行っていないし、ゴシックの最高傑作との話ですから、是非ちかいうちにじっくり見に行きます。
歴史ある建物はやはり佇まいが良い!
パリ (さすらい人)
2008-10-28 22:40:47
今晩は。
ゴシック建築は、フランスのサン・ドニ修道院にはじまり、シャルトル大聖堂やパリ・ノートルダム寺院でスタイルが完成してヨーロッパ各地に広まっていったということを考えれば、最高傑作かどうかは別として見る必要がありますね。セーヌ川と一体になった景観を作っています。
パリも見所が多いので、しばらく続きますのでよろしく。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む