さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 アンコール・トム その5

2010年04月02日 | 海外旅行
いよいよバイヨンの中心になる中央詞堂に向かいます。

急な階段を上るため、歩きなれていない人は苦労していました。団体の海外ツアーですが、結構脚力が必要でした。



ここにも美しいダバター像がいくつも見られました。







外からは塔の上に見上げていた四面観音像も、目の高さになってきました。



その中でも、観光ポスターなどにも使われて最も有名な像の前に出ました。記念写真の列ができていました。



「クメールの微笑」とも呼ばれるほほえみを浮かべています。光線の具合、見る方向によって、慈愛、柔和、峻厳、冷笑といったように表情を変えます。



塔の上から見下ろしている像もまだあります。



遺跡の中で、「アプサラの踊り」の衣装をしたお姉さんの一群がおりました。一定の料金で、一緒の記念写真に応じてくれるようです。個人旅行だったら、当然一緒に写真を撮ったのですが、団体のためにそのまま通過でした。残念。

生きているデバター(女神)には、魅惑されますね。



この像を間近に見ると、はるばるとアンコール遺跡にやってきたという感慨にふけることができます。



大混雑の中、団体からはぐれないように注意が必要でした。



脇の柱にひっそりと佇む、ダバター(女神)像を見逃さないように目を配る必要があります。





水の精アプサラ。



アプサラ像は、おどけた姿を見せていますが、現在行われている「アプサラの踊り」は、デバター(女神)像の姿が入り混じって形作られているようです。



北口には、新しい仏像が置かれており、ここが仏教寺院であることを思い出させてくれました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 アンコール... | トップ | さすらいの風景 アンコール... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む