さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

ミャンマーの車

2013年02月16日 | 海外旅行
ミャンマーでは、車は右側通行です。ミャンマーは英国植民地であった関係で左川通行であったのですが、1970年に左側通行に変更されました。ミャンマーは、右側通行の中国・ラオスと左側通行のタイ、インド、バングラデシュ両方と接していますが、その国境線の長さからすれば、右側通行にするメリットはあまりありません。英国の影響をきらったためと言われています。

右側通行にもかかわらず、ミャンマーの車のほとんどは、日本車の中古であるため、右側通行で右ハンドルという変則的な車の運転がされています。そのため、大型の観光バスでは、中央よりを見張る補助者が乗り込むことが決められているようです。



ミャンマーの車で面白いのは、日本語の表記がそのまま残されていることです。各地で見かけた観光バスでも日本の旅行会社なが架かれたものを多く見ることができました。

福鉄観光と書かれています。福井鉄道関係の会社のようです。

以下は、ミャンマーで見た日本の観光バスのコレクションです。



松山観光。山形県酒田市にある会社のようです。



くびきと書かれており、新潟県上越市の頸城自動車のものです。



Highland Expressは、長野県を中心とする輸送会社です。



南いわて観光バスとあります。



おやまとは栃木の小山のことでしょうか。



三嶋観光バス。伊豆のバス会社のようです。



東京の京王電鉄のバスのようです。



三芳会。医療法人の名前のようです。



大東観光交通。相模市の会社のようです。



字が重なっておかしくなっていますが、せとうちバスとあります。



レオマークが張られて、西武バスであることが判ります。二台も並んでいると、日本国内の観光地かと思ってしまいます。

ミャンマーの中古車に、日本語表記がそのまま残されているのは、品質の良い日本車であることを示しているので、わざわざ消す必要はないと考えられているためとのことです。



庶民の足には、このような乗合自動車が使われていました。



ヤンゴンで見かけたスk-ルバス。こういった軽トラックに、「自家用」という漢字が残されているものもありました。



ミャンマーの車社会の発展はこれからですが、日本の中古車が大部分の中、新車のポルシェも見かけました。おそらく政府関係者のものでしょう。

車の様子から、ミャンマーと日本との間には、意外に密接な経済交流があることをかいまみることができました。日本の経済進出の方向をかいまみることができました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ミャンマーの猫 | トップ | さすらいの風景 ミャンマー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
中古車 (本読みと山歩き)
2013-02-17 08:48:35
日本では価値がなくなって(と市場が決めても)、こっやって海外へ輸出されて活用されているのは、とってもエコですね~。
日本語の表記が消されない理由もなるほどっと目から鱗でした。
日本車 (さすらい人)
2013-02-17 11:24:46
事前の下調べで、日本の中古バスがミャンマーで見られるという話を聞いて、探してみようという気になっていたのですが、想像以上の数でした。
日本の経済進出をこれから行うといっていますが、日本の中古車とHONDAのバイクは、ミャンマー社会に深く浸透していました。日本人であっても、世界における日本製品の立場というものは意外に知らないことが多いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む