さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ヴァイケルスハイム

2009年07月07日 | 海外旅行
ロマンティック街道バスは、いくつかの中世都市に停車し、観光の時間が設けられます。

ヴァイケルスハイムは、フォン・ホーエンローエ家のレジデンツが置かれた森とブドウ畑に囲まれた、人口8000人程の小さな町です。

ヴァイケルスハイム城の入口。



時間も限られているため、付属の庭園へ。庭園から見たヴァイケルスハイム城です。



庭園の眺め。



庭園には、いろいろな像が飾られています。



庭園には噴水も。



マルクト広場の噴水。



聖ゲオルグ教会。

街の見学をすませ、バスは再び走り出します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霧ヶ峰 (2009.6.28.) | トップ | 蓬峠から茂倉岳 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バス (本読みと山歩き)
2009-07-11 16:18:12
おはようございます。
ロマンティック街道バスがあるのですか?
今夏は結局、スイスに行くことになってしまいました。
でも行きがてら、ちょっとロマンティック街道にも立ち寄る予定です。
ユーレイルパス (さすらい人)
2009-07-13 22:06:18
今晩は。
私は、ヨーロッパの鉄道乗り放題のユーレイルパス(現在はユーレイルグロバルパスというのですかね)を使っていました。このパスを使うと、スイスの湖水の船が無料であったり、ロマンティック街道バスが無料(現在は割引き)であったりの特典がありました。ビュルツブルクからフュッセンを結ぶロマンティック街道バスは、バックパッカーには人気の路線になっていました。フュッセンには夜遅く到着するので、バスの中で宿の予約ができるのも、バックパッカー向けでした。ロマンティック街道は、中世都市の趣が残されているので、ドライブの途中の昼食に寄るのがよいでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む