さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 キューケンホフ

2008年09月24日 | 海外旅行
キューケンホフは、一般の人々に球根花の種類の豊富さと美しさを知ってもらおうと、花の展示のため設けられた公園です。現在では、オランダを春に訪れる際には、欠かすことのできない観光スポットになっています。

「キューケンホフ」は英訳すると「キッチン・ガーデン」となり、かつてこの地を所有していたヤコバ・ファン・バイエルン伯爵夫人が、お城の食卓に並べるハーブを採取する場所として利用していたことに由来します。

園内には、チューリップ、スイセン、ヒヤシンスなどの花が植えられています。

季節は、4月はじめ。木々の芽吹き前のどこか肌寒い風景の中に、球根の花が明るく輝いています。まさに、春の訪れを祝う復活祭の風景でした。

では、キューケンホフの園内をお楽しみください。
















園内には風車もあり、そのテラスに登ることができます。



広大なチューリップ畑を眺めることができます。



新潟でも、このようなチューリップ畑がありますが、スケールが違います。



屋根つきの展示場では、新種らしきチューリップが展示されていました。









ヨハンシュトラウスと名札に書いてあります。三色の色をワルツの三拍子にかけているのでしょうね。







寄せ植えは、センスが反映しますね。







新種が展示されるので、この写真の花とは大分変わってきていることと思います。

花好きには、是非訪れてほしい場所です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宝珠山 (2008.9.21.) | トップ | さすらいの風景 デン・ハーグ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む