さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 サレー その1

2013年01月15日 | 海外旅行
4日目は、バガンでの朝日鑑賞を終えてから、サレーとポッパ山の観光に出かけました。

サレーは、バガンの南西約107kmの地点にあり、ポッパ山はその東にあって、大きく三角形を描いてバガンに戻ってくることになります。

道は悪く、2時間ほどかかってサレーに到着しました。

サレーでは、まずヨーソー僧院を見学しました。

ヨーソー僧院は、1882年に建てられた、チーク材造りの高床式で、凝った彫刻が一面に施されています。



階段脇には、ピンサ・ルーパと呼ばれる「五つの体(聖鳥「ヒンタ」の羽根、象の牙や鼻、獅子の頭、鯉の胴や尾、馬の脚という五つの動物)を持つ伝説上の生物」が飾られています。



彫刻に飾られた塔も設けられています。



細かい彫刻が飾られています。

ただ、屋根をみると、茶色に塗られたトタンの波板が使われており、修復の手が行き届いていないのは残念です。観光客は、現地価格からすれば安からぬ入域料を払っているのですが、遺跡の保存活動には使われていないのが現実のようです。



細かい彫刻は見事です。







堂内に入ります。

入り口にあった彫刻ですが、足が人間ではないようで、タイで良くみた半人半鳥の聖鳥キンナラに似ていますね。



堂内は、博物館となっており、仏像や厨子が展示されていました。











天井にも細かい彫刻が施されていました。ネパールにおける木彫芸術のネワール美術を思い出させます。





回廊に出て、彫刻を間近に見学しました。





良く見ていくと、神獣が飾られています。



翼を持った像。ヤンゴン航空のシンボルに使われています。



ピンサ・ルーパですね。





一回の外壁部には、民話か仏教説話に基づくと思われるレリーフが飾られています。

















インドのカジュラホ遺跡を見た影響もあり、男女の和合場面の彫刻はないのかと思ってみてしまいますが、おとなしい場面ばかりのようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 バガン そ... | トップ | さすらいの風景 サレー その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む