さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ジョグジャカルタ その1

2016年04月26日 | 海外旅行
夜遅くになってジョグジャカルタの宿のハイアットリージェンシーに到着しました。

人気の高いリゾートホテルということで、館内はボロブドゥール遺跡を模した飾り付けが行われていました。



フロント。



レストランのある地階。庭に続いています。



館内の設備は整っているように見えましたが、客室内かび臭かったのは残念でした。湿度がかなり高いことも影響しているようです。

今回のツアーでは、初日の夕食がついていなかったため、シャワーを浴びてさっぱりした後、日本のコンビニで買って持ってきたおにぎりと調理パン、ビールで夕食をとりました。



朝になると、ホテル周囲には緑豊かな庭が広がっていることが判りました。



海外旅行の初日は、日本との時差もあって早めに目が覚めてしまうことが多いいです。今回もジョグジャカルタの時差が2時間あるせいもあって、朝食開始の6時には早々とレストランに集合することになってしまいました。日本ならすでに8時なので、遅めの朝食といえます。

中庭にもテーブルが並んでいたので、庭を眺めながら朝食をとりました。



庭は、遺跡を模した飾り付けがされているようなので、朝の散歩がてら見学しました。



レストラン前の池。バリ島の湧水を模しているようです。



ウングルウングルと呼ばれるバリ島特有の旗が飾られています。



太陽が昇ってきました。



階段の欄干には、ヒンドゥー教のマカラと思われる像が飾られていました。





庭に置かれた仏像も苔むして年を経ているように見えます。



所々にお堂が置かれていました。



石橋。



プールになっており、早朝にもかかわらず家族連れが泳いでいました。高台に置かれたお堂は、裏に回ったところ、ウォータースライダーの乗り場になっていました。見た目はジャングルに囲まれた遺跡といった感じなのですがね。



庭に置かれた茅葺屋根の小屋。



ホテルの建物。この建物は、ボロブゥドール遺跡の形を模しているように見えます。



庭の奥はゴルフ場になっていました。





戻って、昨晩は良く眺められなかったホテルの入口を撮影しました。



ホテルの入口には、結婚式の飾り付けをした車が置かれていました。



入口脇の中庭。夜とは違った雰囲気があります。



庭に面したステージでは、結婚式の準備が行われていました。



朝も早い時間にもかかわらず、結婚式の参加者が集まってきていました。イスラム教ではアザーンで夜明けに起こされるため、結婚式などの儀式の開始も早いのかもしれません。



出発のためにロビーにいくと、結婚式の参加者が集まっていたので写真を撮らせてもらいました。持っているのは、新婚カップルに渡すプレゼントでしょうか。コングラチュレーションと挨拶したら、ありがとうと日本語で返ってきたのには驚かされました。

時間があれば結婚式の様子を見学していたかったですが、バスに乗り込んで遺跡の見学に向かいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 羽田からジ... | トップ | さすらいの風景 ロロジョン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む