さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ミュンヘン その3

2009年04月03日 | 海外旅行
ミュンヘンの楽しみは、大通りで出会うことのできる賑わいです。

カールス門をくぐってノイハウザー通りに進むと、フォークダンスを踊っており、しばらく見物。















楽団の民族衣装も決まっています。



こちらは、また別なグループ。





こちらは弦楽三重奏。ミュンヘンでは、通りを歩いているだけでも楽しめます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪割草の咲く山 (2009.3.29.) | トップ | 妙見古参道 その1 (2009.3... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2009-04-04 16:25:02
おはようございます。
立派な荘厳な建物は見ごたえがもちろんありますが、
こんな踊りや音楽など無形の文化があふれていると、より楽しめますね。
建物も人の生活があってはじめてその地域を知るとこになるのですね。
街角 (さすらい人)
2009-04-06 20:30:28
今晩は、ヨーロッパの魅力は、こういった街角の風景ですね。オープンカフェで腰を下ろして、通りの風景を眺めているのも楽しいです。こういったパフォーマンスに出会うと、そのまま見続けて、予定していた訪問地を訪れる時間が無くなってしまうこともありますが、それも一人旅の気楽さです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む