さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ヴェルサイユ宮殿 その3

2008年11月27日 | 海外旅行
前庭から奧に進みましょう。「ラトゥーヌの泉水 」と視界の彼方まで続く大運河が見えてきます。



庭園巡りを特にうたったものでないツアーだと、この付近までしか見られないことになります。



ラトゥーヌはローマ神話の女神です。主神ユピテル(ギリシャ神話ではジュピター)とつうじて、双子のアポローンとアルテミスをみごもります。うわきを怒ったユノ(ギリシャ神話ではヘラ)によって迫害をうけて彷徨うことになります。彷徨う時、水を飲もうとすると、侮辱した民衆が水をよごしてしまいます。これを怒ったユピテルは、民衆をカエルや魚の水棲動物に変えてしまいます。こころ優しいラトゥーヌは、元にもどすように取りなしをします。



ローマ神話は、ギリシャ神話と登場人物はほぼ同じですが、名前が違っています。絵画や彫刻の題材になっているのはローマ神話の方が多いので、混乱しますね。



アポロンの泉水 大運河の一番宮殿側にあります。

アポロンは、太陽神で、毎朝、海の中から黄金の馬車に乗って空に上がっていきます。この像は、水の上に姿を現した瞬間のものですね。

ところで、この像を含めて、この後に出てくる像で、金色に光っているものがあります。修復の一環として、金色に塗り直したのですが、現在でははげてしまい、茶色の姿をしているようです。



さて、大運河沿いに歩いてみましょう。視界の彼方まで続いています。



歩いているうちに、お腹も空きました。車での販売店があったので、サンドイッチとビールを買い、「ヴェルサイユで昼食を」と、運河脇に腰を下ろしました。



大運河の端まで行ってみたかったのですが、何キロあるかわからず、小運河の交差部で諦めました。小運河も長いですね。



その他にも多くの噴水があります。



ドラゴンの噴水



これからの四つは、四季を現した噴水です。










ネプチューンの噴水





庭の一隅には、オランジュリー(オレンジ庭園)と呼ばれる温室がありますが、その庭には、箱植えのオレンジや椰子などの木が並んでいます。王様が庭を歩くとき、これらの木を並べたといいます。



フランスの宮殿とは思えない異国風の雰囲気がしますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ヴェルサイ... | トップ | 行道山 (2008.11.23.) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アポロンの泉水 (NM)
2010-05-08 14:25:44
上記写真とても綺麗ですね。アポロンの泉水の高画質画像を探しているのですが、上記の写真データを頂くことはできませんか?
 (さすらい人)
2010-05-08 21:42:10
はじめまして。
かなり昔の写真で、この時は金に塗りなおしたものが、現在でははげて茶色に変色しているようですね。現在工事中のようですので、噴水もまた塗りなおすのでしょうか。
写真が必要でしたらお使いください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む