さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 クリスマスマーケット その3

2015年01月15日 | 海外旅行
マリア・テレジア広場と市庁舎広場のクリスマスマーケットを見てホテルに戻ってきましたが、もうひと頑張りして、すぐ近くのシュピッテルベルク通りのクリスマスマーケットも見物することにしました。

シュピッテルベルクは、小高い所にあり、17世紀後半のトルコ軍や、1809年のナポレオン軍のウィーン攻撃時には、この地域から中心に向けて攻撃をしました。現在見られる建物の多くはバロック時代に建てられました。

シュピッテルベルク通りを中心とした小路でクリスマスマーケットが開催されています。



市庁舎広場のクリスマスマーケットの喧騒とは違った静かな雰囲気です。



石畳の小路が続いています。



売られているものも、手造りの手芸品が中心です。





派手さはありませんが、これが本来のクリスマスマーケットの姿だといいます。



工芸品の店もありました。



編み物をする人形が飾られていました。



小広場に出ると、飲み物を売る店が並んでおり、ここまでの静かな小路とは違い、酔っぱらいで賑わっていました。



シュピッテルベルクのクリスマスマーケットは、アルコール飲料を飲むことを一番の目的としてやってくる地元の人が多い感じです。





クリスマスとは関係なさそうな手芸品が売られていますが、クリスマスプレゼントと考えればよいのでしょうか。



店をのぞきながら、周囲の小路を歩きました。











10時過ぎになって、店も閉まり始めたのでホテルに戻ることにしました。

この日は、三つのクリスマスマーケットを訪れましたが、それぞれ雰囲気が違っていました。この後の滞在中も、他のクリスマスマーケットを見学することになりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 クリスマス... | トップ | さすらいの風景 クリスマス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む