さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ソグネ・フィヨルド その2

2008年06月30日 | 海外旅行
フロム山岳鉄道は、標高867mのミュールダールからソグネフィヨルドの港町の標高2mのフロムを結んでいます。全長は、約20kmほどですが急勾配のため、ループ式を含めたトンネルを連ねています。最大5度の傾斜があり、これは世界一の急勾配とのことです。

フラムまでは、1時間ほどの乗車になります。



周囲の山肌には、数多くの滝がかかっていました。夏のシーズンには、有名なシュース滝で停車して、滝見物ができるとのことですが、この時は、そのまま通過していきました。




やがて、緩やかな谷が広がってきます。



川も穏やかに蛇行するようになり、前方にU字谷の崖が見えてきます。氷河に削られたU字谷が海に沈んだのが、フィヨルドです。



背後を振り返ると、山から、美しい滝が落ちているのが見えました。

ヴィドメスノーシの山とリョーアンネの滝のようです。落差は140mあるようです。

トンネルを抜けるたびに広がる風景に見とれているうちに、フロムに到着しました。ここで、フェリーに乗り換えて、いよいよフィヨルドの航海の開始です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 速報 オサバグサの帝釈山と... | トップ | 帝釈山 (2008.6.28.) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む