さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 レイク・アグネス&ビーハイブス その3

2014年09月04日 | 海外旅行
レイク・ルイーズの展望が開けた肩部からはひと歩きで、台地状のリトル・ビーハイブ(2240m)の山頂に到着しました。

山頂には展望図が置かれ、観測所跡なのかコンクリート製の土台が残されていました。



ここで昼食になりました。サンドイッチにゆで卵、野菜スティックなど大量の食料でした。重いので、リンゴはおいてきてしまっています。



ひと汗かいた後のお待ちかねのビールです。

カナダの法律では、公園や列車などの公共の場での飲酒は禁止ということのようです。現地ガイドに確認すると、山の中でもダメ、私の見ているところではね。ということでした。

皆山頂付近でバラバラになって昼食をとっているので、隠れて飲むことはできたのですが、現地の法律に従うことにしました。ヨーロッパの昼食なら信じられない決めごとです。

残念ながら、ビールは記念写真だけで終わりました。



山頂からは、東面の展望が広がっていました。

山頂に置かれた展望図に従って、山を眺めていきましょう。



左は Ricyardson(3086m)、右奥 Ptarmingan(3059m)、右手前 Whitehorn(2637m)。



左は Hector(3394m)、右手の雪に覆われたピークの右に尖った頭だけがのぞいているのが Molar(3022m)。



左奥に Cataract(3333m)、右手奥は Cyclone(3041m)、右手の鋭鋒は Merlin Castle(2840m)。



左は Lipalian(2713m)、右手の黒い山稜のうち左は Protection(2786m)、右は Pulsatilla(3035m)。



山頂の左手に少し位置を変えて見えるのは、左が Daly(3152m)、その下にBath Gracier。右手に Waputik(2755m)。



山頂右手に少し位置を変えて見えるのは、ボーバレーの左に Castle(2766m)、谷の右に Pilot(2935m)。

レイクルイーズの周辺には、3000m級の山が数多くならんでいます。



キャッスル山の拡大。初日にレイクルイーズにやってくる途中で見た姿と変わっています。



レイクルイーズの展望は、リトルビーハイブからは木立に阻まれていました。



リトルビーハイブの山頂部も多くの花が咲いていました。

レッドマウンテンヘザー。



ホワイトマウンテンヘザー。イワヒゲの仲間ですね。



ハートリーフアーニカ。



ウーリープッシートーズ。エゾノチチコグサの仲間のようです。



昼食休憩を終えて再び歩き出しました。ミラーレイクが再び見えてきました。





レッドステムドサクサフフリッジ。



ホワイトドライアド。



緩やかに下っていくと、今回のトレッキングコースの名前にも用いられているレイク・アグネスに到着しました。

レイク・アグネスは、山に囲まれた標高2135mにある湖です。



湖畔には、ティーハウスがあり、大勢が休んでいました。



レイク・アグネスの対岸に聳える鋭峰はデビルズサム(2458m)で、奥にはホワイト山(2983m)が広がっています。



レイク・アグネスからは、滝が流れ落ちていました。



レイク・アグネスからは、一気の階段下りになりました。ここを登るのはきつそうです。



ビッグ・ビーハイブの基部のガレ場を横断しながら下っていくとミラーレイクに戻りました。後は同じ道を引き返すことになりました。



途中、行きで気が付かなかった花を見つけました。

ビーナススリッパー。ホテイランの仲間です。



レイクルーズに戻ってきました。湖の表情も少し変わってきていました。



湖畔の草地には、インディアンペントブラシの花が咲いていました。



シャトー・レイク・ルイーズの前庭では、結婚式のパーティーが行われていました。日差しもかなりきつく、露出の多い女性陣の日焼けが心配になりました。

トレッキングコースを歩くことによって、下車観光では味わえない体験をすることができました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 レイク・ア... | トップ | さすらいの風景 アイスフィ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む