さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ワディ・ラム その3

2014年04月17日 | Weblog
車は、砂漠の奥にさらに進んでいきました。





周囲の岩山は、場所によって風雨による削られ方がかなり異なっていました。この付近では、角が丸まっています。



砂漠は、彼方まで続いていました。



ピラミッド状の岩山も現れました。



車を前景に置かないと岩山のスケールが攫めませんね。



ストーン・ブリッジが現れました。



裏側に回り込んだ所で、写真撮影のために車を降りました。ウンム・フルースと呼ばれるようです。上がるには、足場の乏しい岩場を登る必要があるとのことで、残念ながら見るだけに終わりました。



ウンム・フルースを折り返し点として、来た方向に戻りました。





ピラミッド型の岩山が連なった姿は、エジプトのピラミッドに似た感じがします。



砂漠にベドウィンのテントが設営されていました。



羊が放牧されていました。





ワダック・ストーン・ブリッジが現れました。上に人が立っていましたが、残念ながらそのまま通過することになりました。



砂漠を一周して、ロレンスの泉が麓にあるラム山が再び見えてきました。







ラム村に戻ってきました。ラクダが草を食べていましたが、ワディ・ラムでは、車ばかりではなくラクダを使ったツアーも催されているようです。

天候にも恵まれて、ワディ・ラムのドライブを楽しむことができました。



ワディ・ラムの見学を終えた後は、公園に隣接する場所にある「JABAL RAM CAMP」で昼食をとりました。



ワディ・ラムの宿泊のために、このようなテント村がいくつも開設されているようです。トイレやシャワーは、共用のものが設けられており、面白い体験ができそうです。

ワディ・ラムを後にし、この日の宿泊地の死海に向かいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ワディ・ラ... | トップ | さすらいの風景 死海 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む