さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 バコン

2010年05月09日 | 海外旅行
バコンは、ロレイやプリア・コーと同じくロリュオス遺跡群に属し、インドラヴァルマン1世によって881年に造られたヒンドュー寺院です。

この寺院の入り口の欄干にも、ナーガ像が飾られています。アンコール・ワットなどの他の遺跡でも見られるナーガの飾りは、この寺院が始まりといいます。



この寺院も環濠に囲まれています。



濠を渡ると、前方にピラミッド型の寺院が見えてきます。



参道の脇には、熱帯特有の華やかな花が咲いていました。



バコンは、五層になっており、下層より、ナーガ、ガルーダ、夜叉、羅刹、神の世界をあらわしているといいます。



寺院の頂上には、小さな詞堂が置かれています。



石段を登って、上階に進みます。



階段は急ですが、途中で周回する回廊に出るので、登りやすくなっています。



最上階に出ると、寺院の敷地を見下ろすことができるようになります。外壁に取り囲まれているのが判ります。



もとはヒンドュー寺院ですが、最上部の詞堂の中に飾られていたのは、小さな仏像でした。



この寺院でもデバター像が飾られていました。



これは、また別な表情を見せています。



この寺院には、シンハ(獅子)像が幾対も残されています。



また、象の石像も置かれています。



シンハと象のツーショット。

バコンは、クメール文化で最初のピラミッド型寺院で、その後のアンコール・ワットなどのモデルになったということが判る構造を持っていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保呂羽山と八塩山 (2010.5.3.) | トップ | さすらいの風景 バンデアイ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クメール (本読みと山歩き)
2010-05-10 00:53:21
ミニアンコールワットと思いましたが、
こっちが先なのですね。
クメール文化の遺跡はたいへん立派ですが、
部屋の内装なども残っていれば、さぞや立派だったのでしょうね。

来週後半は「昇天祭」でこっちはお休みなので、プラハに行こうと思っています。
胸わくわく(*´∀`)ノ (さるや)
2010-05-10 14:09:29
紹介されている遺跡を見せて頂くだけで、胸がわくわくします。
石像がとても可愛いお顔と、抜群のプロポーションで魅了してくれますね。
デザイン性の高さに、とても参考になる写真がたくさんありました。
こういうところに行くと、いつまでも佇んでぼ~~っと、見ていたくなります。
クメール文化 (さすらい人)
2010-05-10 22:59:25
本読みと山歩きさん:
今晩は。
クメール文化では、神のための神殿は、耐久性のある砂岩やレンガで作られ、人間である王の宮殿は、自然の恵みである木で作られたといいます。石造りの神殿でさえも、遺跡の再発見時にはジャングルに覆われていたことからすると、熱帯の環境は厳しいようです。日本の木造文化が残されていることに改めて、感心しました。
プラハとはいいですね。行っていないので、行きたいところです。報告を楽しみにしています。
クメール文化 (さすらい人)
2010-05-10 23:09:02
さるやさん:
今晩は。
興味を持って見ていただきましたか。
じっくりと見ると、面白いレリーフや彫像が沢山あります。
ただ、気温37度のもとでの観光なので、健脚向きコースの山頂で展望を楽しむようなもので、気合いを入れて見物する必要がありました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む