さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ゲント1

2008年03月26日 | 海外旅行
ゲントは、ブリュッセル、アントワープに続く、ベルギー第三の都市です。中世には、ロンドン、パリを凌ぐ人口を持つ都市として繁栄したとのことです。現在と過去が同居する都市として、ベルギーにおけるブリュージュと並ぶ観光都市になっています。



聖ニコラ教会、鐘楼、聖バボン寺院の三つの塔が並んだ風景は、ゲントの代表的な風景になっています。



鐘楼。高さは96m。頂上には44個の鐘が吊され、時刻になるとカリヨンの音が街に響き渡ります。昔は、敵の侵入を警告したり、重要な客の訪問を伝えていたといいます。前の広場に置かれている鐘は、見本に置いてあるのでしょうか。



鐘楼を横の方から。

「ベルギーとフランスの鐘楼群」として、世界遺産の一部を構成しています。



サンバーフス寺院とも呼ばれる、聖バボン寺院。ここには、ファン・アイクの描いた「神秘の子羊」の祭壇画を見ることができます。決められた時間ごとの参観となり、寺院のスタッフが扉を開閉し、扉の表と裏に描いた絵を鑑賞することができます。



運河にかかる聖ミヒエルス橋からは、塔の眺めが得られるのと同時に、川沿いに古い家が並ぶ風景を楽しむことができます。





ゲントの街並みは、実際に人が活動しているためか、「汚い」と一瞬思うほどに古色蒼然としており、それが独特の迫力を持って迫ってきました。オープンミュージアム然としたブリュージュとは異なった印象です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 角田山 (2008.3.23.) | トップ | さすらいの風景 ゲント2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カリヨンは・・ (インレッド)
2008-03-26 22:33:53
今晩は。
44個の鐘はどんな音が響くのでしょうか?。
日本で言えば「夕焼け小焼けで・・・」なんて
キンコンカンとなるのでしょうか?。
    それとも
「ラ・カンパネラ」のように鳴るのかなー
チャイム (さすらい人)
2008-03-26 23:12:06
コメントありがとうございます。
オランダ、ベルギー、北フランスで、複数の鐘を組み合わせてメロディーを奏でられるようにしたものがカリヨンですが、英語ならチャイムです。学校でよくならされる、キーン・コーン・カーン・コーンてのは、ロンドンの「ウェストミンスターの鐘」がもとになっています。実際に聞くと、間延びしており、知っている曲ならかろうじて判るという状態でしょうかね。古都の雰囲気を高めていることは確かです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む