さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 西安 その3

2010年07月09日 | 海外旅行
西安で西門を見た後は、興慶宮公園に向かいました。

興慶宮は、唐代の三大宮に数えられ、その跡地に設けられた公園です。



この公園を日本人観光客が訪れるのは、阿倍仲麻呂の碑があるためです。

この碑は、奈良と西安が姉妹都市になった五周年を記念して、1978年に造られたものです。

阿倍仲麻呂は、遣唐使として中国に渡り、科挙試験にも合格して、玄宗皇帝のもとで政府の要職につきました。日本に帰国しようとするも、船は難破し、再び長安に戻りました。結局、帰国は果たせず、中国で53年を過ごした後に亡くなりました。



記念碑の片面には、次の漢詩が彫られています。

翹首望東天 首を翹げて東天を望めば
神馳奈良邊 神(こころ)は馳す 奈良の辺
三笠山頂上 三笠山頂の上
思又皎月圓 思ふ 又た皎月の円(まどか)なるを

古今和歌集にも阿倍仲麻呂の作品として収録されている「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」の詩を五言絶句の形にして詠ったものです。この歌は、帰国の際の相別の席で、王維らの前で日本語で詠ったという説もあります。





また、片面には李白の詩が彫られています。

日本晁卿辞帝都 日本の晁卿(ちょうけい)帝都を辞し
征帆一片遶蓬壺 征帆一片 蓬壺(ほうこ)を遶(めぐ)る
明月不帰沈碧海 明月帰らず 碧海(へきかい)に沈み
白雲愁色満蒼梧 白雲愁色 蒼梧(そうご)に満つ

李白は、阿倍仲麻呂と親密な交遊関係を持っていました。晁卿(ちょうけい)とは、阿倍仲麻呂のことで、帰国のために乗った遣唐使船が遭難したという知らせを聞いて、死を悼んで詠ったものです。

外国人であった阿倍仲麻呂をその才能ゆえに重用した唐は、世界国家であったことが判ります。



興慶宮公園は、広大な敷地を持っており、中央に人工湖の興慶湖があります。



池の向こうに勤政務本樓が見えます。




彩雲閣



池の畔に、沈香亭がありました。

沈香亭は、楊貴妃が牡丹を観賞するために建てられたもので、建物の材料に沈香木が多く用いられたため、沈香亭と名付けられたといいます。手前で引き返してしまいましたが、周囲に植えられているのは牡丹でしょうか。

多くの建物が復元されていましたが、現地ガイドは、説明もせずに、阿倍仲麻呂の碑だけを見せて引き返してしまいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 西安 その2 | トップ | さすらいの風景 西安 その4 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2010-07-10 20:56:26
こんにちは。
西安ですね。唐代の国際都市のイメージが強く、一度は訪問したいところです。
安倍氏と李白との物語も興味深いです。
長安 (さすらい人)
2010-07-12 18:18:38
今晩は。
西安よりも長安の都を訪れるといった方が、あっていますね。
阿倍仲麻呂の送別の際には、王維も「祕書晁監の日本國に還るを送る」の詩を送っています。阿倍仲麻呂は、日本からの遣唐使という地位よりももっと高い地位にあったことが判ります。
西安は、見どころも多いですよ。機会がありましたら是非。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む