さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 レイク・アグネス&ビーハイブス その1

2014年09月02日 | 海外旅行
モレーン湖見学の後、レイク・ルイーズにやってきました。レイク・ルイーズは、モレーン湖と並んで、カナディアン・ロッキーの代表的観光スポットになっています。

レイク・ルイーズは、標高1536mに広がる、長さ2.4km、幅550m、深さ90mの湖です。奥に広がるヴィクトリア山(3464m)の氷河から流れ出る水を集め、神秘的なターコイズ・ブルーの湖面を広げています。



レイク・ルイーズの名前は、ヴィクトリア女王の四女でありカナダ総督ジョン・キャンベル夫人であったルイーズ・キャロライン・アルバータに由来しています。なお、アルバータ州の名前も彼女に由来しています。背後のヴィクトリア山もヴィクトリア女王に由来しており、親子の名前が揃っていることになります。



青空が広がっていますが、風があるため、鏡のように山の姿を映していないのは少し残念でした。



一般的なツアーでは、この眺めをしばらく楽しんだ後は、他の観光地へ移動となる所ですが、今回のツアーでは「レイク・アグネス&ビーハイブス」のトレッキングコースを歩くことになりました。

釣鐘状のビッグ・ビーハイブが見えており、その右手の基部にレイク・アグネスが隠されています。我々のツアーでは、右手のリトル・ビーハイブまで登ってからレイク・アグネスを回って下山してくることになりました。



レイク・ルイーズの東岸には、シャトー・レイク・ルイーズという4つ星ホテルがあります。

このホテルは19世紀末から20世紀初頭にカナダ太平洋鉄道が建設したもので、同じロッキー山中のバンフ・スプリングス・ホテル、ケベックのシャトー・フロンテナック等とともにフェアモント・ホテルズ系列で、カナダィアン・ロッキーの観光開発の起点となりました。

私が参加するような財布にやさしいツアーでは、このホテルに泊まることはありません。



湖畔の遊歩道沿いに、クラシックなスタイルの登山者の銅像が置かれています。

カナダ太平洋鉄道がカナディアン・ロッキーを観光地として開発する際の1899年から50年に渡って、多くのスイス人ガイドを雇い入れて、登山ルートの整備や安全の確保を行いました。この像は、スイス・ガイド100年記念として1999年に置かれたものです。



多くの観光客が歩いている湖畔の遊歩道から別れて、トレッキングコーに向かいます。



トレッキングコースの案内はしっかりしています。

トレッキングコースは、歩行者専用と乗馬専用、その兼用コースに分かれています。兼用コースでは、馬の落し物を踏まないように足元に注意する必要があります。



最初は、針葉樹に囲まれた直線的に延びる道を緩やかに登っていきます。

登山専門の旅行会社募集のツアーなので、日常的に登山を行っていない参加者も多いようで、やたらゆっくりペースの歩きになりました。



ゆっくりペースはかえって疲れるところもありましたが、その分、花の写真を撮る時間的余裕がありました。

バンチベリー。日本でいうところのゴゼンタチバナ。



イエローコロンバン。日本でいうならキバナオダマキということになりますね。



黄色味の強いイエローコロンバン。



一部赤みを帯びたイエローコロンバン。







バッファローベリー。グミ科の落葉樹で、実は小鳥や動物の好物。特にクマの大好物だといいます。



登山道の直線部が終わって折り返すところでは、レイク・ルイーズの眺めが広がりました。高度もかなり上がってきました。



湖面に浮かぶボートも小さく見えています。



ワンフラワードウィンターグリ-ン。同族のイチゲイチヤクソウは、日本では北海道でのみ見られたようですが、現在ではほとんど絶滅状態のようです。



ゴールデンアスター。



エバーグリーンバイオレット。



山道を登っていくと、ミラー・レイクの畔に出ました。奥に聳えるのはビッグ・ビーハイブです。



山に囲まれた小さな湖で、名前のように山の影を湖面に映していました。



湖畔ではシマリスが餌をねだっていました。カナダの国立公園内では、野生動物に餌を与えることは禁止されているのですが、与える者がいるため、観光客の休憩スポットでは、餌をおねだりするリスが必ずいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 モレーン湖 | トップ | さすらいの風景 レイク・ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む