さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 鳳凰古城 その7

2012年05月25日 | 海外旅行
対岸に渡ってから、川岸の道を夜景を眺めながら歩きました。



北門城楼と遊覧船の船着き場の眺めです。



川岸に並ぶ吊脚楼も昼間とは全く雰囲気が違っています。



夜景撮影には面白い場所ですが、外国人観光客はいないようです。



写真では伝えることができませんが、川岸には大音響で音楽を流す店が多く、お祭り状態でした。川岸の民宿に泊まったとしても、これでは寝ることはできそうもありません。民宿に泊まるのは、風景をとるか、騒音に耐えるかの二者選択になります。





通りも大賑わいでした。





虹橋が近づいてきました。



虹橋が近づいてくると、周囲の賑やかさも増してきました。





虹橋も城塞のような姿に見えていました。



川岸の道から虹橋に出ました。



虹橋のたもとから見た下流方向です。



万名塔もライトアップされていました。



日本では、このような古い街並みをここまで派手にライトアップするというのは考えられませんが、きれいなことは確かです。



夜もミャオ族の女の子が民族衣装でビラ配りをしていました。



このように派手な照明のバー飲み屋ものもありました。



ホテルに戻ろうとすると、通りの人出はさらに増えてきていました。

ツアーでは、夜の街の案内は省かれます。鳳凰古城を昼間見学すれば、静かな古鎮といった印象を持つことでしょう。それが、夜になると、派手な照明で、がらりと印象が変わってしまいます。昼と夜の風景を見なければ、鳳凰古城を見たとはいえないでしょうね。

これで、鳳凰古城の見学は終わり、翌日は芙蓉鎮によってから張家界に戻りました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 鳳凰古城 ... | トップ | さすらいの風景 芙蓉鎮から... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2012-05-26 13:24:50
やはり、ここはなかなか味わい深い風情のある街ですね。
夜景もそこまで気合いを入れているのは、今の主力は観光業でしょうか?
「虹橋のたもとから見た下流方向」などを写真で見ても、見事なものです。
もっと、日本で知らしめても良さそうなものです。
夜景 (さすらい人)
2012-05-28 17:44:25
夜景は、昼間とは違った顔を見せてくれまうが、鳳凰古城はその差が大きいですね。ただ、ツアーでは、自力で街に出ていく必要があり、見ていない人も多いので、もったいないことです。
武陵源と鳳凰古城のツアーは、これからは桂林あたりと同じような人気が出てくると思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む