さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 スーズダリ その1

2012年07月26日 | 海外旅行
サンクトペテルブルクからマスクワに戻るのは、行きとは違って特に問題はありませんでした。

モスクワの飛行場でバスに乗って、スーズダリに向かいました。



モスクワ付近は渋滞が激しく、スーズダリに到着するのが真夜中になる場合もあると驚かされましたが、順調に進むことができました。

郊外に出ると、白樺の林が広がるようになりました。

4時間ほどのドライブのため、iPODで音楽を聞いていましたが、白夜のロシアの風景には、ラフマニノフの音楽が合いました。交響曲第二番やピアノ協奏曲第二番、三番を聞き続けました。



途中のドライブインでトイレ休憩をし、帰りには、ここのパン屋で蜂蜜パンを買いました。





ロシアのネコらしく、毛がふさふさとしていました。



もう一匹発見。



白夜のためいつまでも明るいので、夜行性のネコは過ごしにくいかもしれませんね。



10時過ぎに到着し、ホテル内のレストランで遅い夕食をとり、解散になって外に出ると、日が沈むところでした。これは、11時過ぎでしたので、サンクトペテルブルクより暗くなるのは少し早いようです。



川向こうに教会の塔が見えていたので、夜の散歩に出かけてみることにしました。



小川を渡ると、民家の並ぶ通りにでました。



人通りはありませんが、12時近くなので、当然ですね。



ここの町の民家の窓枠は美しく飾られているので、明るい中で良く見ることにしましょう。



修道院の建物が現れました。これはボクロフスキー修道院のようです。



入り口の前にも特徴的な教会が置かれていました。



時間も遅いので、引き返すことにしました。



スーズダリでは、GTXツアーセンターリザリトに泊まりました。窓が良くしまらないとか、ぼろい建物でしたが、街歩きには良い場所にあったので、満足することができました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 サンクトペ... | トップ | さすらいの風景 スーズダリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む