さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ハンプトン・コート・パレス

2012年04月12日 | 海外旅行
ハンプトンコートパレスは、ロンドンのテームズ川の上流20kmほどのところにある宮殿です。

ヨークの大司教であり王の主任公使だったトマス・ウルジーは、1515年から1521年の7年間をかけて、14世紀のマナ・ハウスを再建して、現在の宮殿の基礎を作り上げました。トマス・ウルジーは、英国一すばらしい宮殿を作りあげましたが、ヘンリー8世王がこの宮殿を気に入ってしまったため、宮殿を王にしぶしぶ進呈しました。ヘンリー8世は、この宮殿で、生涯の大半をこの宮殿で過ごしました。



ハンプトン・コートの正面ゲート。

ゲートの前には、彫像が飾られています。



スコットランドを現すユニコーン。



ウェールズを現すドラゴン。



これは、宮殿入り口に置かれていた彫像で、スコットランドを現すユニコーンです。



同じく、イングランドを現すライオン。

イギリスの正式名称は連合王国で、紋章や宮殿の飾りにも、イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランドを現すモチーフが見られます。



中庭



クロック・コート



取り付けられている時計は、ヘンリー8世のために造られた天文時計です。



これは東門だったと思うのですが。同じような建物が並ぶので、混乱します。



宮殿には広大な庭園が付属しており、人々が散策しています。



庭園からの眺め。



噴水も設けられていますが、ベルサイユ宮殿に比べるとつつましげです。



宮殿と庭園が美しい眺めをつくっていますが、ハンプトンコート・パレスは、心霊スポットとしても有名です。

ヘンリー8世の王妃ジェーン・シーモアは1537年にハンプトン・コートでのちのエドワード6世を出産しましたが、12日後に死去して、現在では幽霊として出没するといいます。

同じくヘンリー8世の妃キャサリン・ハワードは、1542年に王の護衛に逮捕される時、王の救いを求めてロング・ギャラリーを悲鳴を上げながら逃げ走り、時々ロング・ギャラリーの廊下で悲鳴が聞こえるといわれます。

他にアン・ブーリンの幽霊や、悪名高いヘンリー8世自身の幽霊が現れるという報告もあるようです。

要は、無実の罪をきせて妃を処刑してまで、とっかえひっかえ6人の女性と結婚したヘンリー8世の住んだ宮殿ということで、幽霊話が広まったのでしょうね。



広大な芝地の庭園よりは、むしろこのようなバラ園の方がイギリスらしさを感じます。



美しい宮殿と庭ですが、ロンドン塔と同じような影の部分を持っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ハットフィ... | トップ | 旅へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
王室 (本読みと山歩き)
2012-04-14 07:59:13
日本の皇室も英国の王室も歴史が脈々とつながる皇室の歴史を辿って行くのは興味深いですね。
ウィンザー城は行ってみたかったのですが、結局いけず。
この写真で我慢します。
王室 (さすらい人)
2012-04-21 11:50:33
ヨーロッパ全般に言えることですが、特にイギリスでは王室の歴史を知っておく必要がありますね。古城が好きなのですが、ウィンザー城はどうどうとした姿が見事です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む