さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ベルナー・オーバーラント その1

2009年01月23日 | 海外旅行
ベルナーオーバーラント地方とは、ベルン州南部の、アイガー、メンヒ、ユングフラウの3山に代表されるアルプスの名峰が連なる高地帯をいいます。

登山鉄道により標高3,454mのユングフラウ・ヨッホまで登れることから、観光客にも人気が高い、スイスを代表する観光地になっています。

ルツェルンから、まずはインターラーケンをめざしました。



ブリエンツ湖

青い湖面の向こうに白き高峰が聳えています。



登山鉄道に乗り換えるインターラーケンは、このブリエンツ湖とトゥーン湖に挟まれています。

インターラーケンは、「二つの湖」という意味を持っており、湖の畔に広がるカジノもあるリゾート地になっています。アルプス観光が目的なら、さらに奥地にするんでから宿をとった方が良いことになります。



インターラーケン・オストで、ベルナーオーバーラント鉄道に乗り換えます。

途中駅のツヴァイリュッチネンで、列車は二手に分かれます。

右のワイス・リュッチネン(白い谷)に行けばラウターブルンネン。左のシュヴァルツ・リュッチネン(黒い谷)はグリンデルワルトへと続きます。

クライネシャイデックを最高点にして周回するので、どちら周りでも良いのですが、まずはラウターブルンネンを目指しました。



ラウターブルネンを過ぎると、一気に高度を上げます。

この写真は、ラウターブルネンを振り返ったところ。



台地の崖際にミューレンの村がへばりついています。

ミューレンからロープウェイで上がれる標高2970mのシルトホルンの上にある回転レストランは、「女王陛下の007」の舞台としても有名です。



ラウターブルネンの谷奥に見えるブライトホルン(3785m)。



車窓からのアルプスの眺めは、一時も目を離せません。



そしてクライネ・シャイデック駅に到着です。

目の前にアイガー北壁がそそり立っています。

ここで、ユングフラウ鉄道に乗り換えますが、先をあわてずに、クライネ・シャイデック周辺の展望を楽しみましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ピラトス山... | トップ | さすらいの風景 ベルナー・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む