さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 カッパドキア その4

2012年10月11日 | 海外旅行
いよいよ離陸しました。ふんわりと浮くと、高く上がっていきました。



眼下にカッパドキアの奇岩群が広がりました。



風もほとんどないので、ゆっくりと進んでいきます。



着陸態勢に入った飛行機並みの高度です。





街並みが小さく見えます。



太陽も昇ってきました。







岩塔が朝日に照らされています。



朝日に照らされて、大地がバラ色に染まってきました。



気球はギョメレから北に向かって飛んでいき、立ち位置の関係で主に進行方向を眺めていました。

時折り気球は回転し、背後のウチヒサル方面も眺めることができました。



奥はウチヒサルで、手前はギョレメの谷です。







きのこ岩と呼ばれる岩塔が至るところに見られます。



洞窟住居も見られます。





他の気球を追いかけるように進んでいきます。





風景はゆっくりと変わっていきます。







丘を越え、その先の谷をめざします。







気球の真上にでました。

さらにフライトは続きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 カッパドキ... | トップ | さすらいの風景 カッパドキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む