さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ナイル・クルーズ その2

2010年12月16日 | 海外旅行
アスワンからルクソールへ移動する二日目は、コムオンボ神殿とホルス神殿を途中で見学しましたが、昼間の大部分の時間は、船で過ごすことになりました。

船で一緒になったドイツ人観光客は、水着になって日光浴を楽しんでいました。どうも、神殿の見学に出かけなかった人も多かったようです。日本人とは、観光のスタイルが違うようです。

水着はもっていっていましたが、半ズボン姿で、椅子を占領して、ナイル川沿いの風景を眺めて過ごしました。



ナイル川では、ファルーカと呼ばれる小型帆船をよく見かけました。



ナイル川に橋はほとんどなく、フェリーによる渡しも途中で見かけました。



ナイル川の岸辺には、細い緑のベルトが続き、その向こうには赤茶色の砂漠が広がっていました。



川岸には、崩壊の進んだ遺跡も見られました。



この遺跡は、ガイドブックにも名前は載っていませんでした。



部屋や壁の跡が見られますが、どのような遺跡であったのか、想像を掻き立てられます。



扉がつけられている部屋もありました。



川岸の水辺では、牛や水鳥が遊んでいました。



同じようなクルーズ船ともすれ違い、お互いに手を振ることになりました。



ナイル川の右岸沿いには、ルクソールからアスワンへと続く鉄道も走っています。



線路脇の小山に、崩壊の進んだ廃墟が広がっていました。

中央に寺院を思わせる大きな建物があり、斜面に沿って建物が広がっているように見えます。



遺跡全体は、石造りではなく、日干し煉瓦を積み重ねたようです。

他の国なら、注目される遺跡になっていたでしょうに、エジプトでは、観光の対象にはならないようです。



小さな駅が現れましたが、周囲に人家はなく、文字通りの「秘境駅」でした。



ナイル川に浮かぶ中洲で、子供たちがサッカーをして遊んでいました。



ナイル・クルーズ船とも数多くすれ違います。



小さな村も時々現れます。



帆を二つ張った、大型の帆船にも出会いました。



湖畔で見かけたモスク風の建物です。ミナレットと呼ばれる尖塔が付属しておらず、王増でカメラを構えた観光客らしき者が見えるので、モスクではないのかもしれません。



デッキで、遅めのアフヌーン・ティーを楽しんでいると、夕日が沈んできました。



ナイルに沈む夕日の写真撮影に、しばらく夢中になりました。



真っ赤な太陽が沈んでいきました。

明日も、晴れて暑い日になるでしょう。エジプトの天気予報は簡単です。

ナイルクルーズでは、この夜、夕食後にガラベーヤ・パーティーが開かれ、お客を楽しませてくれました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ナイル・ク... | トップ | さすらいの風景 エスナ閘門 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hanahana)
2010-12-17 00:19:30
はじめまして
私は今年の秋ザルツブルグに行きさすらい人さんのブログに出会いました。写真もよく取れてるしよく調べてあるのには感心して拝見しています。
私たちはスイスではトレッキングしてザルツブルグの塩水の温泉の保養地で泳ぎました。
ウィーンでは楽友会館でコンサートに行きました。ザルツブルグではさすらい人さんと同じようなコースにも行ったのですが知らないとこもたくさんあって楽しみながら見させていただいています。
私たちは水泳仲間での旅行なので必ず旅先で泳ぐ事を目的にしています。
エジプトも楽しそうですね。
私たちの予定では来年はモロッコとスペインです。
これからも楽しみにしてます。
Unknown (さすらい人)
2010-12-17 20:35:58
はじめまして。コメントありがとうございます。
ザルツブルク周辺には、見どころが沢山ありますね。バートにも言ってみたかったです。エジプトのホテルには、プールが付属していましたが、泳ぐ時間の余裕がありませんでした。水泳関係では、オランダのスヘベニンヘンを訪れたことがあります。海水浴場は大賑わいでしたが、日光浴が主で、泳いでいる人はわずかでした。モロッコは行ったことはありませんが、面白そうですね。楽しんできてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む