さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 コペンハーゲン16

2008年05月07日 | 海外旅行
ローゼンボー城は、コペンハーゲン市内にあり、クリスチャン4世が1606年に夏の離宮として建設したものです。オランダ・ルネッサンス様式で、建築好きのクリスチャン4世の建造物の中でも代表的なものになっています。王室の邸宅として使われた時代もありましたが、現在では、王室コレクションなどの展示場になっています。










見る方向、季節によっても受ける印象はことなりますが、美しい姿を見せてくれます。

このようなお城には、女性にまつわる話がつきものです。

クリスチャン4世は、ブランデンブルク選帝候ヨアヒム・フリードリヒの娘アンナ・カタリーナと結婚しますが、結婚14年目に王妃は亡くなってしまいます。その4年後、美しく若いクリステン・ムンクと内密に再婚します。王は38才。クリスティナは、なんと17才。

王は、この愛人と過ごすためにローゼンボーを建てたと言われています。

さて、この愛の物語には、後日談があります。

後になって、クリスティナは、ドイツ役人との密通をおこし、これが王にばれてしまいます。追い出そうとする王に対し、かつて侍女であったヴィベケ・クルゼと夫との間の密通を黙認することで、自身の不祥事を覆い隠そうとします。結局、クリスティナは隠匿させられ、ヴィベケが愛人として公然とあつかわれることになったそうです。

この二人の女性との間には、共に大勢の子供が生まれており、これが、天敵として抗争を繰り返し、デンマーク王室の内紛のもとになっていったといいます。

デンマーク王家は、長年にわたって続いてきただけに、暴君というような王様はいなかったようです。このクリスチャン4世も、スキャンダルはあったものの、名君とされています。

美しい城には、美しい女性の愛憎劇が付きものですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大花山 (2008.4.28.) | トップ | さすらいの風景 コペンハー... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美しい城ですね・・・ (インレッド)
2008-05-08 08:56:44
今日は。
この城は本当に美しい城ですね。
クリスティナとの物語は、オペラに出てきそうな
物語です・・・
お城 (さすらい人)
2008-05-08 20:55:34
ヨーロッパのお城もかなり見ましたが、その中でも、このお城は、お気に入りです。
女性がらみの憎愛劇というと、ヴェルディがお似合いですが、悲惨な結末になりそう。ドニゼッティなら古城と麗人が登場するので、ありえそうですね。
北欧の覇者 (本読みと山歩き)
2008-05-11 02:58:21
こんにちは。
ユニークでありながら何かしらの魅力を感じるお城です。愛人の為にお城を・・・、本当に物語があるお城ですね。
夏の王宮、やはり夏に行くのが良いのでしょう。

王様 (さすらい人)
2008-05-11 19:41:29
本読みと山歩きさん、今晩は。
ローゼンボー城は、戦いや権威の象徴には関係なく作られたので、美しさを優先できたのでしょうね。北欧を訪れるのは、夏が良いですが、その期間は短いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む