さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 クロンボー城

2008年06月09日 | 海外旅行
クロンボー城は、コペンハーゲンの北30kmのヘルシンゲル(エルシノア)にある古城で、世界遺産に登録されています。16世紀のデンマーク国王フレゼリク2世によって完成された北欧ルネサンス様式の城です。

ハムレットのお城として有名ですが、シェークスピア自身は訪れたこともなく、たまたま地名があっていたというだけで、この城を想定して戯曲を書いたというわけではないようです。

幅4kmのオアスン海峡を挟んで対岸のスウェーデン・ヘルシンボリの町と対峙しており、かつては、バルト海と北海を行き来する船から通行税を取り立てるための要塞として機能してきました。この収入が、北欧の覇者たるデンマークの原動力になったといいます。



ヘルシンゲルは、コペンハーゲンからスウェーデンに渡る時にフェリーが発着する港町です。



八岐大蛇のような像が置かれていました。北欧神話・サーガの主人公でしょうかね。



クロンボー城は、近年までデンマーク軍の基地司令部としても利用されていたということからも判るように、周囲に土塁を巡らせ、堅牢な要塞になっています。



堀で囲まれているのも、防御のためでしょうね。



正門です。この内面にシェークスピアの像があるというのですが、見落としました。



門をくぐると、塔が目に入ってきます。



フレゼリク2世のマークでしょうか。



門の外をひと廻り。



海からの攻撃に備えるような作りです。



デンマーク国旗がはためいて、大砲が海に向かって並んでいます。



スウェーデン・ヘルシンボリも対岸に見えています。フェリーが行きかっています。



フェリーから見たクロンボー城です。

コペンハーゲンからオスロ行きの列車を運ぶフェリー上からの写真です。6月はじめので、時間は22:30でした。白夜のため、まだ眺めを楽しむことができました。

さて、デンマーク編はこれにて終了。長らくのお付き合いありがとうとざいました。

この列車に乗って、オスロ、ソグネ・フィヨルド、ベルゲンへの旅へと続けてまいりましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 オーデンセ | トップ | さすらいの風景 オスロ1 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とても良かった。 (トチオしょうちゃん)
2008-06-10 04:07:45
おはようございます。沢木耕太郎の深夜特急を読んで以来、ヨーロッパには特に関心がありました、
 その後、沢木ワールドにはまり、氏が県民会館に
講演に来たとき、ファンレターを持って駆けつけました。以来、氏の本、雑誌「暮らしの手帳」連載 等
すべての文章に目をとうします。
 続編も期待してます。
遠くへ行きたい (さすらい人)
2008-06-10 20:38:42
「深夜特急」は、とても興奮する本ですね。ただし、私のヨーロッパの旅は、この本が出版される前のことです。この本を読んでいたら、私の旅は、危ないものになっていたかもしれませんね。ザックを背負って、列車で町についたら、まずはその日の宿を探すという、バックパッカーをやっていました。お金はそれなりに持っていて、貧乏旅行を強いられていたわけではありませんけど。最近は、そういった旅をする若者も少なくなったようですね。苦労は多いけど、団体旅行では味わえない旅です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む