さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ローマ その1

2011年02月16日 | 海外旅行
ローマは、イタリアの首都ですが、「永遠の都」と呼ばれるようにローマ帝国の栄光を現在でも色濃く残しています。

ギリシャ・ローマ文明は、ヨーロッパ文明の源流ともいえますので、ローマ帝国の遺跡として、まずはコロッセオから始めましょう。



コロッセオは、ヴェスパシアヌス帝の命令で72年に建造が開始され、その息子のティトゥスの時代の80年から使われるようになりました。

4階からなる競技場は、下の層からドーリア式、イオニア式、コリント式の柱で飾られています。



長径188m、短径156m、周囲527m、高さ57mの大きさを持ち、5万人収容の巨大な円形競技場です。

なお、東京ドームは55000人、甲子園球場は47,808人収容とのことなので、コロッセオは、観客収容数でほぼ匹敵し、現代のドームでは見られない、猛獣収容施設を地下にもっています。



闘技場では、剣闘士同士あるいは猛獣との戦いが行われました。剣闘士は、奴隷あるいは死刑囚が務め、敗者は命を取り留めていたとしても、戦い方が観客に気に入られない時は、容赦なく殺されました。

剣闘士については、スパルタクスを扱った映画やバレエで有名ですね。



闘技場のフロア部分の石材は持ち去られて、現在では地下の猛獣を入れた檻の構造が露出しています。



「コロッセオがある限り、ローマも存在するだろう。コロッセオが崩れる時、ローマも終わりであろうが、ローマが終わる時は、世界の終りだ」という12世紀の言葉があります。

ローマ帝国は滅びましたが、800年後もコロッセオもローマも、世界もまだ健在です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ルンド | トップ | さすらいの風景 ローマ その2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (elinor-marianne)
2011-02-22 10:22:28
 イタリアは大好きな国です。
若い時ですが、2度ほど行きました。
また、こちらのブログが楽しみになってきました。
イタリア (さすらい人)
2011-02-22 18:41:46
コメントありがとうございます。
イタリアは、歴史もあり、見どころは多いですね。また行きたいところですが、まずは、訪れた場所の写真をまとめてみる必要があります。しばらくは、イタリアを続けます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む