さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ヨルダンの食 その1

2014年06月01日 | 海外旅行
今回のヨルダン旅行は、良いホテルに泊まることができたので、食事の点では充実していました。

ペトラゲストハウスでの朝食。オーダーによりオムレツを作ってくれました。

ビュッフェ・スタイルなのでもっととることはできますが、朝はあまり食べないもので。



死海・モーベンビックでの朝食。

パンは充実していますが、ハムやソーセージには豚肉が使われないので、味がものたりない感じがします。



カラク城のレストランでの昼食。ビュッフェ・スタイルでした。



デザートのケーキ。ケーキにシロップが浸してあります。激甘。



ペトラゲストハウスでの夕食。ビュッフェ・スタイルでした。ナンとスープ、サラダを前菜として、肉料理がメインといったところです。ビュッフェ・スタイルだと、判っているものしかとらないので変わりばえがしなくなります。



前菜のサラダとパスタ類は充実していました。



パンも充実していましたが、ナンがあるならそちらを選びます。



驚いたのは、ケーキが充実していたことです。



幾つものケーキが並んでおり、ケーキ・バイキング状態でした。



ただ、不満だったのは、夕食にはコーヒーや紅茶はついておらず、別会計であったことです。改めて注文するのも面倒なので、ビールを飲みながらケーキを食べていました。





ペトラ遺跡内・バシンにおける昼食。ここもビュッフェ・スタイルでした。ちょうと空いている時に入店しましたが、その後で団体が入って混雑してきました。



味は悪くはないのですが、ビュッフェ・スタイルだと同じものを食べ続けて飽きてきます。

ここの飲み物代はえらく高かったことと、この後にエド・ディルまでの山登りが控えていたので、ツアー会社の方からテーブルにセットされた水を飲んで、ビールは我慢しました。



ここもデザートは充実していました。



ワディラム・ジャバルラムキャンプでの昼食。



デザートには、アワメ。

小麦粉を揚げた丸いドーナツにシロップをたっぷりとかけたもの。



死海・モーベンビックでの夕食。ここもビュッフェ・スタイル。



ケーキ・コーナー。



大ジョッキのビールもしっかり飲んで、ケーキも食べました。



マバダでの昼食。



マンディ。

アラブ諸国で食べられているご飯料理。ピラフに鶏肉が乗っています。

中央アジアのブロフやスペインのパエリャと同じ系統の料理です。



デザート。大きなケーキで、食べきれませんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ヨルダンの花 | トップ | さすらいの風景 ヨルダンの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む