さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 百龍エレベーター

2012年05月08日 | 海外旅行
袁家界を見終えて、下山のため、シャトルバスに乗って百龍エレベーターに向かいました。

山の上は台地になっており、菜の花が満開でした。岩山の上にこのような隠れ里があるとは、まさに仙境です。



シャトルバスを下りた百龍エレベーター乗り場付近でも岩峰が見られました。



百龍エレベーターは、横に三機並んでおり、上下二段になった乗車籠に各25人ずつ乗り込むことになります。高低差326メートルをわずか2分ほどで移動します。



エレベーターはガラス張りで展望を楽しむことができますが、それには谷側に陣取る必要があります。定員まで乗り込むと、ぎゅうぎゅう詰め状態になってしまいました。

うまく良い場所に立つことができました。

山の上は台地になっているのが良く判ります。



下をのぞくと、かなりの高度感です。



下降開始。正面の岩峰の見え方が変わってきます。



見下ろしていた岩峰が目の高さになってきました。



岩をかすめるようにして、エレベーターは下降していきます。



正面の岩峰の頭を見上げるようになりました。





これからの下半分は、岩の中を通過するようになってなにも見えなくなります。



もう一基の短いエレベーターに乗ってから連絡通路を歩き、地表に出てきたところです。乗ってきた百龍エレベーターが岩峰の上に見えています。



百龍エレベーター乗り場の広場は、岩峰に囲まれています。



エレベーターの中から正面に見えていた岩峰を下から見上げたところです。



百龍エレベーターをみると、とんでもないものを造ったなという思いがわいてきます。

実際、2002年5月に完成するも、「環境破壊」「危険」と騒がれて一時運転中止になり、2003年8月から再稼動になったといいます。

これで、この日の武陵源観光は終わり。お茶屋で買い物をした後、夕食をとり、その後はショーの観劇になりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 武陵源・袁... | トップ | さすらいの風景 張家界少数... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む