さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ミーソン遺跡 その2

2013年04月23日 | 海外旅行
ミーソン遺跡は、幾つかの群にまとまって点在しており、見学を続けました。一部は、現在でも発掘調査が進められているようです。



アプサラ像が残されていました。



こちらは、破損が進んでいるのが残念。



頭が失われています。





痛みの進んでいる遺跡ですが、壁に像が並んでいました。









崩壊を防ぐため、レンガを補って再建しているものもありました。



頭が失われていますが、その体つきだけでも魅力を感じます。



シヴァ神の乗り物の聖牛ナンディのようです。



珍しい円形のヨニ。

ミーソン遺跡は、アンコール遺跡群に似た雰囲気がありますが、損傷が進んでいるのは残念です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ミーソン遺... | トップ | さすらいの風景 ミーソン遺... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
遺跡を呑む樹 (iina)
2013-05-08 08:57:07
ドリアンは、濃かったですが、お口にあったでしょうか。

アンコール遺跡を飲み込む樹々にもおどろかされます。

生々しいものですね。

遺跡 (さすらい人)
2013-05-08 21:14:36
残念ながら、ドリアンは苦手です。
このミーソン遺跡も、20世紀初頭にフランス人によって発見されたといいます。草木に覆われて、全部の発掘整備が終わってはいないようです。完全に整備されているようりは、遺跡の趣がありますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む